屋久島の手痛すぎる歓迎ぶり

今まで何度企画しては頓挫したことか。

今年のGWはなんとか4日間の時間を確保できて、宿も交通機関もほぼ希望通りに段取りできて、しかしやっぱりというかよりによってというか天候だけはどうしようもありませんでした。まあ週間予報が出たときからずっと悪天候は覚悟してましたが、これほどとは。。。


4/28、初日。
鹿児島まではお初の九州新幹線で。
そこから高速船に乗って約2時間。
4時間ぐらいで着いちゃうんですね。

190504-1.jpg


んで、着くなり暗雲。
雨も降り始めました。

190504-2.jpg

この雲に隠れたずっと奥に縄文杉や宮之浦岳があるんですね。
しかし緑が濃くて険しそうな山。

翌29日は縄文杉トレッキングの予定。
同行メンバーが山初心者で体力的にも多少不安があったりなのでガイドを予約してて、その事前打ち合わせとか登山バスのチケット買ったりとかいろいろしながら、

明日の予報を見ると最悪の展開。

190504-3.jpg

ん〜、自分ひとりだとしても迷いますね。

まあ縄文杉まで行くことが可能か不可能かと言われれば可能なんでしょうけど、断じて楽しくはないし写真もロクに撮れそうもないし、予報だと30日のほうがまだマシ(といってもずっと2、3mm程度の雨)そうだし、同行メンバーの体力等考えて、結局ガイドはキャンセル、30日にガイド無しで登ろう、ということにしました。

この日の宿は「民宿屋久島」。

夕飯に早速出てきました、トビウオの唐揚げ。

190504-4.jpg


4/29、2日目。
まる1日予定が空いたものの大雨の予報なので、レンタカーで普通に島内観光。

ガジュマル公園。

190504-5.jpg


お土産屋を漁ってからお昼ご飯は「かたぎりさん」でトビウオのひつまぶし。

190504-6.jpg


さらに島南部に足を伸ばしてカフェ「nomado cafe」。
ここではなぜか黄緑のギョサンを購入。
ここに向かう途中かな? 県道脇の柵にヤクザルが座ってましたよ。
それから明日の朝食にと「ペイタ」でパンを購入。

あ、その前に千尋(せんぴろ)の滝を見に行きましたけど霧で真っ白。
なんにも見えないなか轟音だけが響いてました。

気を取り直して大川(おおこ)の滝へ。

190504-7.jpg


それから西部林道。
世界遺産区域を走る唯一の車道ってことですが、雨天ということもあって普通にヤクシカがいます。
しかも車を見ても逃げない。

190504-8.jpg


と、生き物の気配を探しながら西部林道の真ん中あたりまで進んだときでした。
対向車の気配には気付かず、、、

190504-9.jpg

地元の人の運転する車と接触事故。
雨音で車の音は聞こえなかったし、カーブミラーもなかったし、まあ不運としか。

とにかく車が動けなくならなくてホントによかったと思います。西部林道のど真ん中で日も暮れてきて土砂降りの中、携帯の電波なんて10km以上歩かないと入らないようなところ。しかも17時以降通行禁止で他の車も通らないかも。下手すればエンジンもかからない車で車中泊? そうでなければ永田まで3時間ぐらい歩いて助けを呼びに行くか、とかいう悲惨な事態に陥るところでした。それでもトレッキングの装備一式積んでたからなんとかなったとは思いますけどね。


で、やっとの思いでたどり着いたこの日の宿は永田の「送陽邸」。
ここには2晩お世話になります。

190504-10.jpg


宿に着いてからも警察と対応したり、レンタカー屋に車を見せに行ったりいろいろ。
ようやく落ち着いて明日の予報を見たら、

190504-11.jpg

今日より酷い。(T-T)


4/30、3日目。
というわけで縄文杉トレッキングは断念。

明け方のまだ雨が本降りにならない時間帯を狙って近くの堤防と磯でルアー投げてみました。
が、相手にしてもらえず。
まあまあのサイズ感のあるボイルが2、3回あったので、魚はいるんでしょうね。
次回はちゃんとした装備で臨みたいところ。

のんびりと風呂に入って朝食をとってから、この日も島内観光。
といっても見るものは見たし雨だし、登山バスのチケットを払い戻ししたあとは、お土産屋とかお茶とかランチとか。

ランチは「すし将」。
まあこの天候ですから地物がいまひとつでしたね。

お茶は「樹林」。
ここは日吉眞夫という人が発行していた島の季刊誌「生命の島」の編集室でもあったところ。
実はうちの母も以前はよく来ていて、雑誌に紀行文を投稿したりという話を聞いていたので寄ってみました。
今でもバックナンバーが読めるようになってましたよ。
そしてコーヒーも思いのほか美味かった。

で、夕方には雨も上がって空が明るくなってきました。

190504-12.jpg


夜は炭火で魚介類と野菜のBBQ。
あ、鶏もあったかな。
そこらで採ってきたっぽい筍とかジンガサとかが良い感じです。

190504-13.jpg

最後にはすでに出来上がってる宿のおっちゃんが席に来て、しばらく話をしました。
宿を作る話とか島に移住してくる人達の話とかビョークの話とか。
また行きますね。


5/1、最終日。
いいがげん行くとこもやることも無くなってきました。

とりあえず最終日じゃないと買い辛かった苔玉とかガジュマルの苗とか購入。

ランチは「屋久どん」。

最後にジェラート屋さん「そらうみ」。

190504-14.jpg



しかしタイトルのとおりの旅でしたね。
まあ案外行きやすいところだと思いましたし、また近いうちに行くことになると思いますが。
普通に山に登ったり釣りしたりしたいです。

夏遊び会2017

今年はちょっと時期がずれて8月終盤の開催となりました。
場所も変わってスノーピーク奥日田。
日田というより前津江といったほうがわかりやすいと思うけど。

ところが初日は雨。
しかもかなり激しい雨。
夕方まで予報は雨。

というわけで川遊び&昼食ピクニックは諦めて、1日目と2日目の予定を入れ替え。日田のスーパーで買出しの後は「みくま飯店」で焼きそば。

170831-1.jpg

日田焼きそばの有名店ですが、時間帯が良くてなんとか席を確保できました。
食べ終わって出てきたときには20人ぐらい並んでた。


のあとはサッポロビール九州日田工場(だけどやっぱり恵比寿ビールの歴史)を見学。
見学を終えた頃には予報を覆して雨も上がっていて、これならBBQも問題なくできるやんということで急いでキャンプ場へ。

ビールはやっぱりこれです。

170831-2.jpg

焚き火台とジカロテーブルの組み合わせ、やっぱいいよね〜
くそ重いけど。

そうそう。
なぜか偶然にも中学時代の友人が別のケビンに来ていて、そちらにもイワナの塩焼き持って遊びに行きました。
なんかバタバタとお騒がせしました。というか肉とビールごちそうさまでした。m(_ _)m


最後は焚き火で焼き芋など。

170831-3.jpg



2日目はお弁当にホットサンドを用意して、尾根を一つ越えて高瀬川へ。
先日見つけてた川遊びポイント。

170831-6.jpg

まあ今回は子供が1人しかいないのであんまりメインイベントという感じがしないのですが、なので泳いだりとか滝滑りとかは無しで、ちゃぷちゃぷ足を浸す程度...
なのですが、そんなみんなを尻目にボクは昨日の雨で魚の活性も上がったかも?と思って、ちょっと本気で沢を登ってみました。

初めて入る沢ですが、渓相はなかなか良いです。

170831-4.jpg

とりあえず1匹。

170831-5.jpg

目が大きくて鰭も貧弱でいかにも養殖個体っぽいですね。真昼だしそんなに活性高くないのか、そもそも魚が少ないのか、結局これだけでした。アクセスもいいし人多いんだろうなあ。


帰りにはいつものキチココによってかき氷。

170831-7.jpg

ぶどうのかき氷がこの日からスタートでした。
桃はもう少しで終わりかな?

宝珠寺のヒメシダレザクラ

今年は結局花見らしい花見は出来ず。

花見を予定していた日にはまだほとんど咲いてなかった週末、とりあえずソメイヨシノじゃなければどこか咲いてるとこあるんじゃないかな〜? とかネットで調べながら南下。神崎にこんなとこがありました。

170416-3.jpg

畑や山を背景にこんもりとピンク色が目立ちます。高速道路から以前気がついたことがあったかも。お寺はほんとにちっちゃな田舎のお寺で普段は参拝する人なんかぜんぜんいなさそうですが、この日は周囲の道路が路駐で一杯。まともな駐車場もないとこですからね。みんな思い思いに撮影してました。ちょっとしたお握りとお茶を売る店なんかも出てたり。

170416-4.jpg

シダレザクラほど派手にだら〜んとしてるわけではないところが「ヒメ」なのでしょうか。

夏遊び会2016

去年なかなか良かったので、今年もまずは竜門の滝でBBQ。

160814-1.jpg

標高もそれなりに高くてしかも大木の木陰になってて涼しいし、トイレとか水場もちゃんとあるキャンプ場で場所代もコンロや炭も安いのだけど、他の人たちがBBQしてるのを見たことがない。子供達の水遊び場としても最高だし、穴場ですよね。

とはいえ今年はそれほど涼しくは感じなかった。
やっぱ天気と気温次第か。
下界よりは随分マシだとは思うが。

160814-4.jpg


定番のヤマメの塩焼き。
冷凍物でゴメンよ〜

160814-2.jpg


滝も改めて見るとスケール大きくて迫力あるね。

160814-3.jpg


ここにもジムがあったのでナッシー置いてきたら、しばらく頑張って防衛してたみたいだけど、夜になって気がついたら瀕死になって戻ってきてました。お疲れ。

160814-6.jpg




次の日はうみたまごでイルカと遊んで(に遊ばれて)きました。

160814-5.jpg

パジェロのオーディオ

買った時から懸案だったパジェロのAVシステムをちょっと弄りました。

まあそもそもそんなに音楽がないと気が済まないというわけでもないし、音質にこだわりがあるわけでもないし、なんといってもディーゼル車なのでこだわったとしてもたかが知れてるんですけどね。

パジェロについてた純正のナビにはロックフォードのアンプとスピーカーのシステムが組まれていて、それなりの質のもののはずなのですが、致命的なことにiPhoneからの入力ができない。今時のナビなら普通BTで繋がったり、USBかHDMIの入力端子があったりするんでしょうけど、そういうのが主流になる前のものなんですかね。デリカの時にはパイオニアのナビにオプションの接続ユニットがあってそれを使ってたので、新車時にならなにかそういうオプションがあったのかも? とか思ってディーラーに問い合わせてみてもよく分からない返事。あったにしても今更パーツのストックがないのでしょうか。なので買ってから今まではFMトランスミッターを介して聞いていたわけですが、これではさすがに楽しめない。街中だと混線も多いし。

であればいっその事、金はかかるけどナビ本体を新しくしたら? と思って調べてみると、他メーカーの市販のナビではスピーカーシステムと後席モニターは互換性がなく完全には活かせない模様。バックモニターとかステアリングリモコン、それにETCはアダプターかませばなんとかなるっぽいけど。純正ナビってこういうとこ不便ね。

という感じで自力ではどうにも無理っぽいと思ったので、結局カーオーディオの専門ショップに相談に行きました。
3号線沿いの「サウンドエナジー」さん。

すると「ビデオ入力に繋ぎましょう」と。
おお!?

ちょっと気がつきませんでした。そういえば荷室というか3列目シートの左壁にアナログのビデオ入力(RCA端子)がありますね。カメラかなにかを繋いで後席モニターで見れるようになってます。この端子から運転席まで線を引っ張ってきて、アダプター(DAコンバーター)を介して、さらにHDMIとLightningのアダプターを経てiPhoneが繋がります。

HDMI/LightningのアダプターはApple純正。
DAコンバーターはこれ(Beat-Sonic/IF16STA)。

ちょっと拍子抜けしたのと同時に「これなら自分でもできるやん」と思いましたが、まあ内装外して配線工事とか面倒だし車の電源周りを弄るのはちょっと躊躇するし、で施工もお願いすることにしました。パーツと工賃トータルで5万円ほど。


160122-2.jpg

スタンドとか配線はもうちょっとどうにかするとして、とりあえず解決。
FMに慣れてしまった耳には感動的な音質です。Youtubeとか映画とかも見れるし。



ついでに外の見てくれもちょっと変えました。
黒い縁取りのヘッドライトカバーと、フードデフレクター(バグガード)。

160122-1.jpg

海や山に遠乗りすることが多いので虫の汚れはずっと悩みの種だったのでつけてみました。まあバグガードがどれくらい効果あるか正直言ってわかりませんけど。

それと何もつけてなかった時より、このほうがノーズがずんぐりというか寸詰まりなパジェロっぽいシルエットに見えます。黒の視覚効果かな?