刃文

前回のスズキを捌いたとき、切れ味自体は特に問題なかったものの、ちょっと錆が浮いてたりしたのが気になったので、久しぶりに研ぎました。出刃と柳刃と、ついでに菜切と釣り用のナイフも。

170416-1.jpg

これ全部いわゆる和包丁です。
ステンレスとかじゃない「鉄」なので扱いを怠けると見事にあっという間に錆びます。釣り用のナイフとしてどうなん?と思いますが、さすがに海では使えません。もっぱら渓流釣り用。

出刃と柳刃は学生の時から使ってますから、もう20年以上になりますね。最初の頃は見た目とかあんまり気にしなかったので、800番ぐらいの砥石でまあ切れ味だけ保てばいいか、というぐらいの研ぎ方でしたが、2、3年前に5000番の砥石を入手してからは、つい毎回ピカピカにしてしまいます。(出刃までこうする人あんまりいない気がする。)

この研ぎ方だといまいちはっきりしませんが、和包丁には基本的に刃文が出ることになってます。出刃と柳刃はよく見ると刃先から5mmぐらいの幅でうっすらと出てるのがわかりますね。菜切もしばらく使ってると変色の具合が違ってくるのでわかります。刃先の固い鋼と身のほうの柔らかい地金の境目、ようするに違う素材の境目。釣り用ナイフは地金がダマスカス鋼だからなのか、あんまりわからない。ちなみにダマスカス鋼は特有の紋を浮かせるには専用の砥石が必要なのですが、持ってないのです。


で、この和包丁の刃文をずっと自分で研ぎながら見てたので、てっきり日本刀の刃文も同じ理屈で出るものだとずっと思ってたのですが、違いました。

というかそもそも造りも違ってて、包丁は(両刃の場合)鋼を地金で包む構成で鋼は刃先にだけ露出するのですが、日本刀は(何種類かある構成のうち基本的な形は)芯に柔らかい地金(心鉄)が入っててそれを鋼で包む逆の構成。なので表面は刃先から背までほとんど鋼。まあ用途を考えたら当たり前といえば当たり前ですが、目から鱗。
なので日本刀の刃文というのは素材の境目ではなくて、焼き入れの時に刃先だけ特別な処理をする、その化学的な変性の跡なのだそう。はは〜、だから「意匠」としての幅が広がるわけですね。

ずいぶん周回遅れで日本刀に興味が出てきました。

世界7大陸植物園

世界7大陸植物園」見てきました。

「ぐりんぐりん」も実はちゃんと見に行ったことがなかったので良い機会かな、と。まあけどそちらは特になにも書きません。


入ってまず目につくのはやっぱりこれですかね。
「ボンバックス」。でっかいw

151020-1.jpg

観葉植物で時々ありますけど、あれはほんの生まれたてなんですね〜


アジアやヨーロッパゾーンのやつは比較的見慣れたものが多かった気がします。

バナナの花も多分どっかで見てると思うんだけど、マジマジと見たのは初めてかな? これ一枚一枚開いては受粉してバナナの房になっていくんでしょうけど、面白いシステムなんですね。というかどこで終わりになるんだろ?

151020-2.jpg


それらと比べるとアフリカのものは、有名なバオバブとかもそうですけど、なんというか幹とか枝とか葉とかの構成が根本的なところで違ってる気がしますね。

「マカイキリン」とか、

151020-3.jpg

「砂漠のバラ」とか。

151020-4.jpg

「ハナキリン」。

151020-8.jpg

「ユーフォルビア・ホワイトゴースト」。

151020-7.jpg


こんなのもあります。
「リトープス」。
形だけでもかなり想定外なのですが、脱皮するそうです。

151020-5.jpg



終わってからちょっと足を伸ばして「わらび野」でお茶。

151020-6.jpg

「豆乳プリン」とはようするにちょっと歯触りの違う「豆腐」のことではないのかと。

「千年の一滴 だし しょうゆ」見てきました。

一番近い映画館が最初、大分のシネマ5で、
福岡にも来ないかな〜とか思ってるうちに上映終了。
BSでも一度やったらしいのだけど知らんかったよ〜(T-T)

と思ったら日田リベルテでやってるではないですか!

というわけで見てきました。
「千年の一滴 だし しょうゆ」

150404-1.jpg


知識としては漫画「もやしもん」を特に超えるものでは
なかったですが(オリゼーも出てきたしw)、
映像が綺麗で「ほ〜っ」てなります。

まあただ時々演出過剰というか
外国人目線の変な神秘化みたいのが鼻に付くかな。

来週の9日までです。
BD出ないかな?
それかNHKオンデマンド?


そのあとはヤマメ釣りのポイント下見に赤石川に行きました。
今年はどの川に通おうかな?

大山川沿いの断崖には山桜。

_MG_5524.jpg

香椎敬介展

ちょっと前にTwitterでも紹介してましたが、
1/7に香椎敬介展に行ってきました。

2/1までやってますので、興味のある方はぜひ。

150116-0.jpg


ボクからみると祖母の弟にあたる人で、教師の傍、
絵と版画、その他諸々をやっていた人で
2012年に亡くなりました。

正直生前には数えるほどしか会ったことはなくて、
自宅にお邪魔したのも小さい頃に一度ある程度ですが、
実家にあったいくつかの作品は、今でも結構
鮮明に覚えているものです。


本人が設立を主導した地元嘉穂の美術団体「嘉美の会」と
遺族との協力で開催された回顧展です。

150116-1.jpg

思いの外作品点数も多く、
見応えがあったのにはちょっとびっくり。
特に油彩の作品は、これまであまり
見たことがなかったのでですね。

というか生前にもっと個展にも足を運んで、
ちゃんと見ておきたかったなあ、と。

あいにく図録がつくられる機会には恵まれず、
作品の保管も、今後どうなるかわからない状況
ということなので、許可をもらって
作品を一点一点撮影しました。

(展覧会自体、撮影可となっています。)

150116-2.jpg

まあ照明のムラとか、ガラスの入った額の場合は
写り込みとか、そういうのはどうしようもないので、
展覧会の記録というぐらいの写真にしかなりません。

けど、ひとつひとつの作品とじっくり対峙する、
という意味でなかなか得難い体験をさせてもらいましたよ。



あ、ついでに常設展というか
この美術館の名前にある織田廣喜という画家。
この人の絵も結構好き。

皆既月食

欠け始めは高度も低くて市内の明かりもあって
いまいち綺麗に撮れなさそうだな〜、と思って他のことしてたら、
皆既状態の時間を逃してしまいました。

ちょっと月光が戻り始めたところから。

_MG_5213.jpg

_MG_5236.jpg

市内の霞んだ空気だと、
やっぱりどうしても影の赤いところは鮮明に写りませんね。


当初は生月に今日釣りに行く予定で、
夜になって向こうで撮るつもりでいたのだが、
やっぱりそうするべきだったか。
今日はバレンも上がってたらしいし。


ほぼ終了。
食は終わって、地球の影の周囲のボケ(大気部分?)がまだかかってるところ。

_MG_5241.jpg