南蛮柿の天ぷら

  • Day:2017.09.25 17:27
  • Cat:Travel
秋に行くのは初めてです。
今年2回目の天草、「5足のくつ」。

前日の夜から午前中にかけて九州南部は台風の直撃を食らってましたが、宿に確認すると料理や部屋の準備はぜんぜん大丈夫とのこと。道中がちょっと心配でしたが、とりあえず様子をみながらの出発。が、案の定高速ではなかなかの雨と風だったので、熊本で降りて待機。久しぶりに下通りアーケードをふらふらしてみました。

昼食は「紅蘭亭」で夏野菜の太平燕。

170922-6.jpg


買い物したりコーヒー飲んだりして時間をつぶして、1時をすぎたら雨風も落ち着きそうだったので出発。宇土半島に出て海が見えだした頃には遠くに青空も見えてきました。

いつもハマグリを掘ってた住吉海岸。
今年は結局一回も来れなかったですけど、来年は掘りたいなあ。

170922-7.jpg


宿に着いたら早速お風呂に入ってからバタバタと食事へ。

お造りはアコウ(キジハタ)にミズイカ、カンパチ。

170922-1.jpg

蟹の真薯のお椀に鯖の握りときて、エビとタコの石焼き。
食べるのに時間をかけすぎなのか石の火力が足りませんでした。

170922-2.jpg

で、天ぷらはイチジクと松茸。

170922-3.jpg

このイチジクの天ぷらは初めて食べたけどちょっと衝撃的でしたよ。中がトロッとしてるだけじゃなくて、生のときのあのぼんやりした甘みや酸味もくっきりと表に出てくる感じ。
あまりにもショックだったので帰りにイチジク買って、家で「とりあえず加熱したらいいのか?」と思ってホイル焼きにしてみたけどやっぱりイマイチでした。青臭さと皮のエグ味は油で揚げないと取れないんですね。まあイチジク自体も違うのかもしれないし。ちなみにイチジクは普通「無花果」ですが、献立書きには「南蛮柿」と書いてありました。伝来した当時はそう呼ばれたらしい。

そういえば、一緒に出てきた松茸の味はぜんぜん覚えてないです。


それからアコウと玉ねぎとクレソンのしゃぶしゃぶ、その出汁で雑炊。

170922-4.jpg



翌日は朝食のあとお昼近くまでお昼寝して出発。

台風一過でカラッと晴天の海。
前日よりはちょっとモヤがかかってますけど、長崎の野母崎半島までくっきり見えます。

170922-5.jpg

お昼ご飯は前回ウニ丼を食べた本渡の「ひらはた」です。
今回はこのお店の本来の看板メニューになってるカワハギ丼。

170922-8.jpg

いや、肝醤油は反則やろ。
美味くないわけがない。


それから最後は普段あまり行く機会のない山鹿方面へ。
七城メロンドームを冷やかして不動岩を横目に見つつ山鹿の古い町並みの残るエリアへ。

八千代座は見学時間ギリギリに着いてバタバタと見て回りました。

170922-9.jpg

つい鉄骨の補強とか新設された電気配線の隠し方とかのほうに目がいってしまいます。

天草はやっぱり遠かった。

  • Day:2017.03.25 18:51
  • Cat:Travel
この宿にお世話になるのも3回目ですかね。仕事がこれからちょっと忙しくなる予感がしてきたので、そうなる前にさくっと決めて逃避してきました。天草の下島西岸、下田温泉近くの「石山離宮 五足のくつ」。

世の中は連休だそうで、車は多いし高速は事故処理渋滞が2か所もあって、松橋ICまで3時間、さらにそこから2時間半。午前中ちょっと用事を済ませてからの出発だったので、着いたときにはもう夕方。

170325-1.jpg

食べ物や海ならこのぐらいの宿は長崎方面でも小浜あたりにありそうな気がしますが、なんかね。
もっと僻地に行きたいわけですよ。


ちょっと海岸までお散歩。

170325-3.jpg

念のため車には一通り装備が積んでありますが、ここまで来るとそうガツガツと釣りをする気分にならないですよね。というかヒラでも出そうな天候ならまだしも、ベイトも見当たらなかったし、アラカブやらイカやら何匹か釣ってもしょうがないですしね。

というわけで露天風呂。

170325-2.jpg

こんな感じで小さいですが部屋にあります。
実際入ったのは日が暮れたあとなので真っ暗ですが。


それからお食事。
海老の和え物、緋扇貝の石焼き、それからお造りはヒラメ、カンパチ、イカ(ヤリ?)。

170325-4.jpg

蛤の真薯の椀、海老を桜の葉で巻いた握り、太刀魚の焼き物ときて、
蕗の薹の天ぷらとタラの芽、アスパラ、菜の花、生雲丹添え。

170325-5.jpg

さらに鯛とメカブのしゃぶしゃぶに、雑炊とアオサのおみおつけ。
前回までの吐きそうになるほどの量ではなくて、だいぶ手加減をしていただいたのか丁度良い満腹感でした。

朝食にはアジの開きやアサリのおみおつけ。
木じゃなくて陶器の椀です。

170325-6.jpg


風呂に入ったりお昼寝?してお昼近くまで部屋でうだうだ。まあ雨降ってましたからね。チェックアウトしたら海岸沿いをしばらく走って、お昼ご飯は本渡の「ひらはた」でうに丼。

と、目の前のケースでキラキラ光ってるこいつをまずオーダー。

170325-7.jpg

キビナゴのお刺身。
からし酢味噌じゃなくて普通にわさび醤油でしたが美味いっす。旬ですね。

うに丼は天草の観光協会が推してやたら盛り上げようとしてますが、まあ普通ですw
人参とキュウリとパイナップルはいらないんじゃないかな?

170325-8.jpg

観光でこうやって単発で推すと例によって資源管理が疎かになりそうで嫌な予感しかしませんね。ぜひ賢くやってもらいたいものです。それよりも横に添えてある鯛のあら汁の美味いこと!

なんか街の食堂的なお店ですが、観光ガイドのパンフレットから美味しそうな匂いを感じて選びました。嗅覚は衰えてませんね。あとカワハギ料理が名物だそうなので次回はそれで。


思うところあって寄ろうと予定してた熊本の鍛冶屋が電話で聞くと残念ながらお休みだそうで、帰りはあちこちの物産館などを冷やかしつつ、また5時間運転して帰ってきましたです。

ベトナム旅行(3)

  • Day:2016.12.01 20:32
  • Cat:Travel
しばらくヴィラのプールで遊んだりビーチに出てみたり。ただビーチはちょっと波が高くて海に入って遊ぶという感じじゃなく、ベンチで寝そべってただけ。

161123-10.jpg


釣りしてる人がいました。ちょっと短めの竿で餌つけての投げ釣りですが、なにが釣れるんでしょうかね? しばらく見てましたがなにも起こらず。

161123-11.jpg


さらに中庭にある大きなプールで遊んで、カフェでお茶とスイーツ。

そして夕方近くなったらタクシーでホイアンまで移動。車で1時間弱のところにある、歴史的な町並みとランタンの夜景で有名な観光地です。

夕暮れの水辺の風景。

161123-12.jpg


適当に土産物屋を冷やかしながら、途中で美味しいと評判のバインミー屋へ。
意外と手が込んでてなんかいろいろ入ってて確かに美味かったです。

161123-13.jpg


ランタン屋。
綺麗なんだけど(ひとつふたつ買って帰っても別に綺麗じゃないもんねえ)。

161123-14.jpg


それから夕食。
これはホイアン名物といわれるホワイトローズ。やっぱり米粉の生地の真ん中に海老かなにかが乗ってます。

161123-15.jpg

他にもカオラウとかミークァンとか名物といわれるものを一通り。



翌日は昼のチェックアウトまで部屋でうだうだして、チェックアウト後も荷物を預けてしばらくプールやビーチで遊んでから、街へ出て昼食(?)。ブンチャーカー。さつま揚げの入ったものすごく馴染みのある味。

161123-16.jpg


しばらくカフェで休憩してから、夕食用にコムガーを買って飛行機に乗り込み(持ち込んでいいんだ!?と思ってたらヌクマムだけ没収された。)ハノイへ。んで知り合い宅で急いでシャワーと夕食を済ませてまた空港へ。深夜便で帰国。さすがに最後はなんか変にバタバタしましたが、この日数にいろいろ詰め込んだ割には効率よくこなして、ホテルでは結構のんびりできたし、さすがの現地ガイド様々でした。

帰国した翌日から4、5日下痢が続いて、しかもちょっと熱っぽかったりしたので、確実に何か菌を持ち帰ってきたようですが、まあ腸内細菌がひと騒動して落ち着くのに1、2週間かかるというのがベトナム旅行の常らしいのでこんなものなのでしょう。それに腸内細菌の多様性が若干増したはずですし良いのでは?

(おわり)

ベトナム旅行(2)

  • Day:2016.11.28 21:03
  • Cat:Travel
チェックインできるまでまだ時間があるので、ドラゴンフルーツのウェルカムドリンクを頂いたあとは、とりあえず荷物だけ預けて昼食に。

なんでも地元の人たちに人気の海鮮のお店とのこと。
まずはこういう感じで食材を選びます。

161123-5.jpg

奥にメニュー表がありますね。読めませんけど、基本的には食材をグラムいくらで買って、あとはその調理法を指定するシステムのようです。


ついマジマジと水質維持システムなんかも覗いて見てしまいますが、結構ちゃんとしたもののようですし、生体の管理も行き届いているのか、魚も貝も甲殻類も調子の悪そうなのはほとんどいませんでした。それに日本では採れなくなってしまったタイラギなんかも大量にあって、甲殻類もサイズがひと回りかふた回り大きくて、種類も多くて、それがこの大衆店ですからね。日本の水産資源の悲惨な状態とつい比べてしまいます。「ざうお」とかこれに比べるとほんとショボいもんな。


おなじみハマグリ。
若干日本のものとは形が違うシナハマグリでしょうか。たぶん初めて見ます。単体で比べるとちょっと見分けられる自信がないですが、あるていど数が揃うとわかりますね。

161123-18.jpg


30cm以上ある巨大なシャコ。1匹5000円もする超高級品でした。

161123-6.jpg


オオモンハタっぽいですが、点がまばらだし、アラみたいなでっかい口ですね。違う種類かな?

161123-7.jpg


で、席で待ってるとさっき選んだ食材が料理になって届きます。まずはエビ!

161123-19.jpg


オオモンハタもどきも。

161123-8.jpg

美味しいんだけど辛すぎていまいち堪能できず。
残念。



ホテルに戻ってからチェックイン。
大人数なので部屋はプール付きのヴィラです。
1棟単位の料金システムですが、割ると1泊ひとりあたり15000円ぐらい。

161123-17.jpg

(つづく)

ベトナム旅行(1)

  • Day:2016.11.26 17:30
  • Cat:Travel
以前ホーチミンのほうには行ったことがあるのですが、今回は北部のハノイと中部のダナン・ホイアンです。ハノイに赴任中の知り合い家族がいるんですが、年度中で任期が終わるらしく、優秀な現地ガイドの彼らがいるうちに行っとかなきゃというわけです。

昼過ぎにハノイに着いたらまずタイ湖(西湖)そばの知り合い宅に荷物を置いて早速街へ。
相変わらず何がどうなってるのかぜんぜんわからない交差点。

161123-2.jpg


そしてフォーボーで腹ごしらえ。
ネギたっぷりの牛肉のフォーです。

161123-1.jpg


カフェでお休み。

161123-21.jpg


またしばらくフラフラした後はイタリアンで夕食。
マンゴーに生ハム。
もうちょっと生ハムに塩気が欲しいところ。

161123-20.jpg


さらに歩行者天国になってた大聖堂からホアンキエム湖周辺を散策。

161123-3.jpg


この辺りはThe North Faceのザックやウエアを売ってるお店が多いんですが、話によるとハノイ近郊にある工場からの横流し品らしいとのこと。数件回ってしばらく物色してましたが、ザックやレインウエアの生地や縫製は確かに本物っぽい。ただデザインは日本のショップでは見たことないものばかりなので、中国かどこか向けの製品の横流し品か、材料や技術を持った工場が別ラインで勝手に作ったものが出回ってるとか、たぶんそんなとこでしょうか。あ、防寒系はぜんぜんないですね。化繊のインシュレーターの入ったジャケットがいくつかあったけど、フリースやダウンジャケットは皆無。そもそもここでは需要がないのかな?

んで20リッターぐらいのデイバッグをひとつ購入。200000VND(1000円)也。



翌日、朝は家の近くの食堂で朝食。
これ何て言ったっけ?(ブンボーナンボーというらしい)
ブンに牛肉と野菜たっぷり、少なめの甘いスープ。ナッツとカリカリに揚げた野菜がアクセント。いろいろ食べた中でこれが一番好きかも。

161123-4.jpg


それから飛行機で中部のダナンへ。
ホテルはフラマ・リゾートです。

161123-9.jpg

(つづく)