生月水槽つづき

これも生月から攫ってきたバフンウニ。
こんなにシンプルな形なのに
なんて高機能な生き物なんだろう…
フォト

シーサーが焼き上がってきたので
とりあえず入れてみた。
素焼きなので、ミクロな隙間にバクテリアが繁殖して
ちゃんとライブロックとして機能するはずなんだが…
フォト

これは通販で買ってみた、バブルディスクコーラル。
まあ生月にはいないが、ご愛嬌。
フォト

こんなのがたまに出てくる。
フォト

2枚貝(としかわからん。)
死んでるかと思ってたけど、
時々ハフッと閉じるからちゃんと生きてるね。
フォト

隙間にちっちゃなカニがいるの見えるかな?
フォト

茶色のウミウシ。15mmぐらい。
ライブロックにくっついてきたけど、
九州にいるのと形はおんなじね。
同じ種類かな?
フォト

あと黒いウミウシも1回見たんだけど、
それっきり出てこない…

ひっさびさの山

  • Day:2010.01.28 17:23
  • Cat:Travel
まあいつもとおんなじパターンなのですが。
日曜日はふらっと温泉に♪

天気はものすごく良くて、雲ひとつなく。
フォト

涌蓋山を眺めながら。
頂上は雪がちょっと残ってますね。
フォト

防水のカメラじゃないので
実はちょっと怖かった(汗

お昼もなぜかここに行ってしまいます。
黒川温泉の「やまたけ」。
自然薯だご汁に、
フォト

自然薯うどん。
フォト

試験練り&試験杭

コンクリート工場の検査と、
支持地盤の確認です。

コンクリート工場!
フォト

配合計画通りに出来てるか、とか
工場の品質管理体制について、とか
いろいろチェック。
フォト

試験杭は一応本杭でもあります。
今回は現場打設の杭。
最初の1本で支持地盤が地盤調査通りに出るかとか
施工計画通りに作業されてるかチェック。
フォト

21m下の支持地盤は地盤調査通りでOK♪
フォト

配筋でちょっと問題あったけど
作り直してもらって、まあOKかな。

ライブロックとクリーナーたち

は採取してくるのが大変なこともあって
通販で購入してみました。

ライブロックは文字通り生き物がいっぱい生きてる岩のこと。
生き物たちの隠れ家になるのと同時に、
住んでるバクテリアや微生物や小動物が
水質維持に重要な役割を果たします。
まあ、いろんな生き物を観察するだけでも退屈しません♪

クモヒトデの赤ちゃんたちが足だけ出してます。
フォト

ケヤリムシ。
もっと大きくなるかなぁ。
フォト

このひともライブロックにくっついてきました。
なんだろ?
エビなのかカニなのか???
フォト

あとこれとか(画面中央)…
フォト

これとか。
フォト

不思議なヤツらがいっぱいいます♪

クリーナーとしては苔取りの宝貝。
フォト

ゴミ掃除係のスベスベサンゴヤドカリ。
フォト

これも砂についた苔を食べるマガキガイ。
フォト

おーばーふろー

冬休みから3週間ぐらい?
いろいろやってなんとかシステムが出来上がって来ました♪
生体はまだちょっとしか入ってませんが。

まず水槽はオーバーフロー式にして
下にサンプ水槽を設置。
サンプのほうにクーラー、ヒーター、プロテインスキマーを組みます。
水の管理はもっぱら下でやるので、
水槽回りに余計な配管がなくてすっきりしてます。
フォト

水槽にはとりあえずライブロックとクリーナーたち。
フォト

あと生月から攫ってきたハゼの仲間。
まだなんていう種類か調べてない…
が、名前は「タモリさん」。
フォト