シリキルリスズメ

今週の生月はめずらしく朝7時に出発。
目的は水槽で飼うための生体採取。

実は先週、せっかく採取したルリスズメを
帰りの水温維持に失敗して死なせてしまったので
そのリベンジです。

お昼前に着いて、
しばらくはメッキか何かいないかな~?っと
漁港の港内をライトタックル片手にウロウロ。

まだちっちゃいけど、ちゃんと遊んでくれました♪
フォト

上のはGT?
まんなかのはギンガメ?
下のはフエダイ。

それからタモ網に持ち替えて、
堤防の壁沿いにフラフラ泳いでるルリスズメを追いかける。
夏から秋は南の海から流れてきた熱帯魚をよく見ます。
たまにチョウチョウオとかヤッコの類いもいますね。

シリキルリスズメ。
体長2cmぐらい。
フォト

それから流れ藻に黄色い魚が見えたのですくってみると、

フォト
チョウチョウオとも違うしなんだろ?
マツダイかなにかの子供かな?
それとカワハギの赤ちゃん。
この人たちはちょっと飼えそうになかったので、
海にお帰り頂きました。

昼過ぎの西岸。
MAZDAのコマーシャルで出てた場所です。
フォト

とっとと家に帰ってルリスズメ達を水合わせ。
結局、5匹攫ってきました。
生月産のシリキルリスズメです。
食欲もあるし、なんとか適応してくれそう。
フォト

フォト

フォト

「華氏 911」

監督・脚本: マイケル・ムーア
"FAHRENHEIT 9/11" Written & Directed by MICHAEL MOORE
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0001X9D68

ひどい話だ。。。
まずはこの一言に尽きる。

この人の映画はなかなか福岡での上映がないので、
いつかDVDでまとめて見ようと思ってたところ。
ちょうどテレビを新しくした事もあって、3作品をアマゾンで注文。
(あと「CAPITALISM」と「Bowling for Columbine」)
届いた順に立て続けに見たその1作目。

書かなきゃいけないことは沢山あるハズなんだけど、
いまひとつまだ整理できない。
ブッシュは確かにひどいヤツだけど、
(いやホントに彼は断罪されなきゃならないと思う。だけど)
そういって済む単純な話でもない。
とりあえずひとつ書き留めておくとすると、
指摘するべき最大の問題は、こんな稚拙な私欲の暴走を
止めることが出来ない「民主主義」っていったい何?ってことだ。

・フロリダ?
・ブッシュ家とビン・ラディン家
・2001年9月11日
・アフガンには良い標的がない。
・政権につく前からの標的「イラク」
・不安を植え付けることで人はどうにでもなる。
・愛国者法
・大量破壊兵器?
・戦場の現実/イラクの混迷
・兵士徴募のターゲットは貧困層。

「2003年3月19日、ジョージ・W・ブッシュと米軍は主権国家イラクを侵略。アメリカを攻撃した事のない国、攻撃すると脅してもいない国、アメリカ国民を1人として殺した事のない国を。」
「ジョージ・オーウェルは書いた。戦争の現実味など問題ではない。勝利は不可能だ。戦争の目的は勝利ではなくその継続だからだ。階級社会は、貧困と無知を土台にのみ可能となる。歴史上、戦争の正当性は常に書き換えられる。戦争への努力は社会を飢餓状態に保つためだ。戦争は支配者が被支配者に対して行うもの。目的は東アジアなどに勝つことではなく、社会体制を無傷で維持する事である。」

生月水槽のハズが…

久々の水槽写真です。

ついついサンゴをいろいろ買って入れていくうちに
こんな風になってしまいました。
まあ普通のリーフタンク。
フォト

写真キレイに撮るには、
もうちょっと照明を工夫したいところだなぁ。
横からあててるLEDの青い光が気になるね。
陰影も強すぎるし。

これは前にも紹介したかな?
ヤエヤマギンポ。「やえちゃん」
フォト

フォト

フォト

「タモリさん」も元気です。
フォト

ブダイベラの「ふとしくん」
フォト

フォト

フォト

最近、生月の潮溜まりから連れてきました。
たぶんカエルウオの仲間。
名前はまだない。
フォト

あとはサンゴいろいろ。
フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

フォト

シーサーもかなり年季が入ってきました♪
フォト

「1時間で読める超入門シリーズ - はじめてのニーチェ」

適菜収(てきな・おさむ)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4864100209

マイケル・ムーア監督の「FAHRENHEIT 9/11」、
「CAPITALISM」「Bowling for Columbine」を見た。連チャンでw。
暗澹たる気分の中、そのレビューをと思ったのだが、
ムーアが浮彫りにするアメリカの狂った部分が、
どうも、ニーチェが指摘するキリスト教の狂った部分と重なる。
かといって「アンチクリスト」とか読んでられないし~
と思って手に取った本。

いや、あまりにも端折りすぎでよくわからなくなったw。
ちょっと書いてて吹き出しそうになるが、以下キーワード。

・死んだ人間(イエス)は生きかえりません。
・ルサンチマンのパワーはすごい。
・「報いと罰」というカラクリ
・民主主義を否定すると怒る人
・フランス革命の肯定的な評価は、後年マルクスらが捏造したものです。
・人間が平等なわけないじゃないですか。
・客観的というウソ
・ナチズムと結びつけようとするのは、よほどのすっとこどっこいです。

「哲学者は長年にわたり『真理』を見つけようとしてきました。正確にものごとを考えるためにはどうすればいいのか?ソクラテス、プラトンからデカルト、カント、ヘーゲルに至るまで、みんなそう考えた。こうした人たちに向かって、ニーチェは『お前ら、バカじゃないの?』と言ったわけです。」

リベンジならず。

2週連続の生月。
今回は2のハエに降りてみました。

降り口から1~3のハエを見てます。
フォト

それなりに潮も流れてるし、
ベイトも結構いるんですが、
なぜか青物の気配が無い。
ペンペンもいない。
フォト

たま~に足元のアジゴの群れに
マルスズキがボイルするんですが、
ミノー通しても反応なく。

10時すぎに撤収。

ハシゴが新しくなってました♪
フォト