石垣島3日目(後半)

  • Day:2012.11.30 04:48
  • Cat:Diving
2本目はちょっと移動して「黒島VIIアーチ」。
そういえば前編の釣りをしたのは、
このポイントに移ってきてからの休憩時間だった。
ここも地形ポイントだけど、とにかく魚が多くて楽しい♪

妙に色鮮やかなウミシダ。

PB181113.jpg


食べると超美味しいアカヒメジの群れ。
生月でも釣ったことがある。
なんか汚れてるように見えるのは寄生虫かなにかついてるのかな?

PB181150.jpg


これはガイドのあいこさんが絶賛してくれた超レア写真。
いわゆる玄人受けするというヤツですか。

PB181130.jpg

ベラの幼魚が多いガレ場のポイントで、
ノドグロベラの幼魚(奥のヒョウ柄)を見つけて、
まあ知ってる人はわかると思うけど、
ベラって泳ぎが独特のヒラヒラした動きで、
なかなかシャッター切れずにしばらく追いかけてたら、
セジロノドグロベラの幼魚(手前の白黒斑)と偶然合流。

えっ!と思いながらすかさずピント合わせてシャッター切ったら、
なんとか上手く撮れました。

ほとんど同じサイズで、近縁種だから形もほぼ同じで、
模様だけ違う、なんだか個性の違う兄弟が並んだような場面。
うしろでヒメジが見てるのもなんか面白い。
確かにこういうシャッターチャンスはなかなかないよねぇ。


ノコギリダイの群れ。
表情が面白いね。

PB181152.jpg


2本目のあと、しばらくマンタを探してウロウロしたけど結局見つからず、
諦めて「黒島テラピー」へ。
ここは砂地に根が点在するポイント。

PB181159.jpg


フタイロカエルウオ。

PB181165.jpg

熱帯魚屋でもたまに見かけるけど、
海の中で見ると、同じ水の中にいるせいか、
ものすごく近寄れた気になれる。
実際はかなりズームで撮ってるんだけど。


岩陰にはユカタハタ。
なんでこんな色になってしまったのか。

PB181191.jpg

石垣島3日目(前半)

  • Day:2012.11.28 22:07
  • Cat:Diving
3日目(11月18日)は天気が若干回復傾向だったので、黒島方面へ。

冬になるとこのあたりはマンタが食事にやって来ることが多く、
今年もようやく現れはじめたとのことなので、魚やサンゴを見つつ、
中〜上層に現れるかもしれないマンタにも気を配りながら、
という感じでダイビング。

とはいえマンタ探しはほとんどガイドさんに任せて、
自分はカメラに集中してました。


1本目「黒島V字」。
急激なドロップオフや傾斜、スリットのある地形ポイントです。


崖の側面にハナゴンベ。

PB181071.jpg


斜面にはハゼ類がいろいろいました。
必死に斜面にはいつくばって、ハタタテハゼを青バックで撮る。
この尻尾が垂れ下がる感じが独特。

PB181081.jpg


ドクウツボ。
鼻髭があるから、怖いというよりなんとなく間抜けに見えるのよね。

PB181088.jpg


ハナヅタの群生。
ソフトコーラルの一種です。

PB181094.jpg


ミナミハタタテダイ。

PB181101.jpg


リュウモンサンゴの一種。

PB181107.jpg


休憩時間は魚釣り。
ハタ類が結構いたのでジグ+ワームの変則リグを落とし込むと、
一投目できました、バラハタ。

PB181110.jpg

太田さんはシュノーケリングしながら、ルアーのアクションから
魚がアタックしてきてヒットの瞬間まで一部始終を見てたとのこと。
ボクも見たい!と思ったけど自分で釣りながらはどう考えても無理よね…。
釣りしててもなかなかそういうのは見れないからなぁ、羨ましかった。

しばらくやってて、もう1匹掛かったけど
それはバレてしまって、結局獲物はこれ1匹。
次回はもうちょっとライトなタックル準備した方がいいのかな。

獲物は太田さんの手によって夕ご飯のお煮付けになりました♪
そのもようはこちらとかこちらとかこちらで。

石垣島2日目

  • Day:2012.11.27 01:37
  • Cat:Diving
2日目(11月17日)。
この日は午後から前線が通過して波風が強くなる予報だったので、
朝早目に出て荒れないうちに川平に行けたら良いな〜
と前夜話していたのだが、結局無理で、朝から寒いし…

となればここでしょう。
1本目は「竹富島海底温泉」。

PB170946.jpg

砂地の海底に設置された土管から温泉が湧き出しててポカポカ♪
けど温かさに慣れると離れるのが辛い。

硫黄泉だし生物的にはあまり良い環境とは言えないと思うんだけど、
案外魚もその辺ウロウロしてますね。
ちょっと離れると普通にミドリイシとか枝サンゴの群落もあるし。

そのサンゴの中を覗いていくと、
テングカワハギ。

PB170960.jpg


キイロサンゴハゼとか。

PB170963.jpg


TwitterからもUPしてたけど、ちょっと拡大して。
ナガレハナサンゴに共生してる、
ニセアカホシカクレエビ。

PB170967.jpg


2本目はちょっと移動して「竹富南リトルクリーチャーズホーム」。
潜るのは2回目か3回目かな?
砂地に根が点在するポイント。
曇り空だからそんなに明るくないんだけど、この透明度!

PB170985.jpg


いましたギンガハゼ。

PB170988.jpg


ケラマハナダイの幼魚。

PB170997.jpg


ヨスジフエダイの群れ。

PB171010.jpg


上がって休憩時間に釣りもしてみたけど、
ルアーに食いついてくれる魚はいなかった。
まあポイント名からしてそうよね。(><)

3本目はまたちょっと移動して「竹富南ジャガイモ」。
その名の通りジャガイモみたいな形の巨大なサンゴのポイント。
これなんだろ?コモンサンゴの一種なのかな?

ここにもヨスジフエダイが。

PB171041.jpg

と思ったら中に何匹かロクセンフエダイが混じってる。
写真の中にも1匹います。
たぶんお互い違う種類だとは気づいていないのだろうw。


岩陰にはハダカハオコゼ。

PB171058.jpg

石垣島1日目

  • Day:2012.11.24 15:35
  • Cat:Diving
初日(11月16日)は7:50の飛行機で石垣へ。
那覇で乗り継ぎなので石垣に着くのは11:20。
新空港が出来て直行便が飛ぶようになったらもっと楽になるのになぁ。

お世話になる宿兼ダイビングショップはいつものKATSU
空港にはあいこさんがお出迎え。
で、早速港へ行きボートに乗り込んで出航。


元々、到着日に1ダイブ出来るツアーに申し込んでいたのだが、
2日目以降天気が悪いな〜とかTwitterでウダウダつぶやいてたら、
到着後2本潜れるようにスケジュールを組んでくれた。
ありがたや〜♪

ちょっと風が出てきたっぽいけど、快晴!

PB160874.jpg


1本目は「川平マンタスクランブル」。
マンタが出る可能性の高い根で、サンゴとか魚見ながらマンタ待ち。

PB160878.jpg

けど結局現れなかった。(T_T


ふわふわのソフトコーラル。
ウネタケの一種かな?

PB160888.jpg


2本目はちょっと移動して「崎枝ビッグアーチ」。
日が照ってるとやっぱ綺麗よね。

洞窟っぽくなってる岩礁のスリットで遊ぶ人たち。

PB160908.jpg


魚はアカマツカサとか。
目がデカイ。それに思いのほか飛び出してるんだね。
というか目を向けてこっち見てるw。

PB160916.jpg


目といえばこのひと、メガネゴンベ。
鼻毛があるのは今回気づいた。

PB160925.jpg


ホンソメワケベラを追ってると、大物に遭遇しやすいし、
しかもクリーニングのためにじっとしててくれるから写真も撮りやすい、
んじゃないかと思ってしばらく見てたら、、、

クマドリが寄ってきました。
相変わらず凄いカラーリング。

PB160927.jpg

なぜか突然

11月に入って、まあ偶然でしょうが
PIXTAで写真が2枚連続して売れました。
しかもちょっと大きめのMサイズ。

1枚目はロクセンスズメダイ。
小笠原で海が荒れてダイビングに出れなかった時に、
お土産屋さんで釣り竿をレンタルして、
二見港の堤防で釣ったヤツ。
しかもこのあと刺身にして食ったw。

3103600ロクセン

この写真はさらにエクストラライセンスといって、
出版物とかの直接お金になる媒体に掲載する権利もつけて買われてるので、
たぶん何かに載って人の目に触れるのでしょう。


2枚目は工事中の建物の足場の写真。

3349360足場

この写真が売れたのは2回目。
このような写真は特定の企業名とかが入ってると使えないので、
工事現場の写真はそうじゃないのの品揃えが案外少ないのかな?と想像。
今後ちょっと力を入れて撮るようにしよう。


ともかく、今回ので一気に売上高がUPして、累積で9000円也。
そのうちボクの取り分が4割の3600円。
一応3000円から換金出来る仕組みになってるので、
これで初めてアガリを手に出来ることになった。
まあもうちょっと貯めてから換金しようかと思ってるのだが。

しかも販売枚数が5枚を超えたので、
これ以降のコミッション率も増えて取り分が4.2割になった。
ありがたや。