マテガイは安定してますね

日曜日は苅田の白石海岸でマテガイ掘りでした。

博多湾のアサリがいまひとつ満足のいく量採れないので、
こちらではちょっと本気で食料確保に励みます。

14時半頃現地に到着。
相変わらず人が多い。

帰る頃にはこんな感じ。
干潟一面掘り返されてます。

P5261285.jpg

これだけ毎回毎回掘りまくられても、マテガイだけは安定して採れますね。
やっぱり塩に反応しなかったりして一定数が残されるから、
それによって再生産ができてるってことなのだろうか。



鋤で砂を掻くとマテガイの穴が。

P5261268.jpg


塩をかけると…、にゅっとね。

P5261280.jpg


3時間ぐらい頑張って4kgほど確保。
アサリとかと比べると食べる部分の比率が大きいから、
結構な量になります。

P5261288.jpg



それにしてもシオフキとかハマグリとか全く出てこなかったなぁ。

再度、九重HOUSEへ。

  • Day:2013.05.21 04:09
  • Cat:Travel
ちょいと身内の用事でもってGWに引き続き九重HOUSEへ。
あいにくこの日は雨で、標高が高くなるにつれ雲の中。

敷地のクヌギの森。
風もなくしんと静まった中に鳥の鳴き声だけが響く。
空気もひんやりしてみずみずしくて気持ち良いです。

_MG_4369.jpg


なにか獣の気配もするんだけど見えるとこには現れなかった。
気配というか匂い?土の匂いとも違う
かすかに生臭い感じがしたんだけど気のせいかなぁ。

_MG_4366.jpg


帰りは「耕きちの湯」で硫黄の強い温泉を満喫してから、
お茶にしようと「Ciel」へ。
だが時間が遅くてまたもや入れず。

それではと南小国まで降りて以前から看板が気になってた「cafe 森の時間」へ。
話にはよく聞く人気のカフェなのでいつもは人が多いんだろうけど、
この日は天気悪いし閉店間際だったので他に客はいなかった。

せっかくなので外の席を所望したら囲炉裏のそばへ。

_MG_4375.jpg


他には石造りの離れの小屋とか、

_MG_4379.jpg


森の中とか。

_MG_4384.jpg


雨で薄暗く、いろいろとごまかしが効いてたってのもあるけど、
ここまで徹底的にというかきめ細かく丁寧に造り込んであると、
なにか作られた「森の生活のイメージ」の嘘っぽさにシラける感じは
あまりしなかった。

料理も美味しいらしいので、次はランチにでもよってみるかな。

帰ろうとすると車で鶏が雨宿りしてた。
立派な雄鶏。

_MG_4393.jpg


もうだんだん暗くなってきてたのだが、
最後に下城の大イチョウ。
なかなか思うように大きさが表現できないんだけど、
こういうスケール感って写真でどう撮ったらいいんだろ?
葉っぱの小ささでだいたい感じ取れるだろうか。

_MG_4400.jpg

3度目の雁ノ巣

しつこくまた雁の巣で潮干狩り。
まあ成果はあまり期待できないのはわかってるので、
来年に向けてポイント開拓のつもり。
今度は橋をくぐらずに、西戸崎側にてくてく歩いて行ってみました。

潮干狩り客は結構来てるんだけど、
特に干潟が露出するわけでもなく、
多くがジョレンを担いで海の中に立ち込んで採ってます。

こんな感じ。

_MG_4350.jpg


見てるとあんまり穫れてない様子だし、
なによりこれだと開発中の道具のフィールドテストにならないし、
と思ってちょっと橋の方に戻ったところで掘ってみました。

幸い、ごく狭い範囲でボチボチ出てくるところを見つけて、
なんとか1.5kgほどゲット。

_MG_4358.jpg


出てくる範囲は、浜の勾配がきついこともあって、
1.5mぐらいの幅で等高線状の範囲にものの見事に集中してたのだが、
これはやっぱり何か貝の習性に起因してるっぽいのよね。
どういう習性によるものなのかは全くわからないが現象としては明らか。

他のところでも散々あちこち掘りまくった末、
干潮2、3時間前に露出するような比較的岸寄りのエリアに
貝が集中してるのを見つけることがよくある。
最初の頃は単にみんなが沖の方ばっかり掘るから
取り残されてるんだろうと思ってたのだが、
どうもそんな単純な話ではなさそうだ。
いつかちゃんと調べてみたいな。

壱岐のプロジェクト-5

連休前後で設備関係や家具、造作など諸々の最終決定に向けて
設計側もバタバタしてますが、現場もいろんな工種が錯綜して
さすがに凄いことになってます。

仕上げの下地と給排水や電気関係、建具枠類、階段に
一部先行する仕上げとその養生。
なかなかスッキリと「あとは仕上げるだけ」って状態にはならないのよね。
まあこれはボクが慣れてないってのもある。
ついつい木造の通常の段取りを無視したディテール書くしな。

_MG_4305.jpg


しかし配管の納まりはやっぱり汚いぞ。

_MG_4335.jpg


外装はだいたい終わり。
周囲の緑が濃くなってきたねぇ。

_MG_4330.jpg

鶏三昧!

  • Day:2013.05.05 02:23
  • Cat:Eat
ちょっと前に母親からMacの使い方教えれと依頼があったので、
まあ遊びがてら瀬の本の職場まで出張。

さすがにゴールデンウィークだけあって、太宰府ICからずっと渋滞で、
大分道に入ったらちょっとはマシになるかなと思いきや、
やっぱりずっとこんな感じ。
ここまでの渋滞は初体験だ。

_MG_4281.jpg


いつもは日田から小国へ上っていくことが多いのだが、
さすがにそのルートは厳しいやろうと思って、
九重から筋湯経由で向かうことに。
幸い日田IC以降はスムーズに進みました。

昼食は途中の「あいのせ茶屋」で地鶏うどん。

_MG_4284.jpg


紅葉の名所でもある「あまがたに渓谷」は、
芽吹きはじめたばかりの新緑ね。

_MG_4285.jpg


レクチャーを済ませてから、いつもは昼食に寄ることの多い
黒川の「やまたけ」で夕食。
毎度おなじみ自然薯だご汁と地鶏の炭火焼。
ちょっと早い時間だったのでさすがにお腹が苦しい。

130503yamatake.jpg



明けて次の日の夜は、
上海から帰省中の後輩夫妻と薬院六つ角の「とり田」へ。
ここのは地鶏ではないが、その日の朝に絞めた鶏肉を使った、
絶品の水炊き屋さん。

P5041267.jpg

Faebookページはこちら
コースの水炊きだけで結構お腹いっぱいになってしまうので、
他のメニューをあんまり頼めないのが残念。
お値段的にもそんなにしないのでこれから行く機会が多くなりそうだ。