壱岐のプロジェクト-7

怪獣あらわる!

_MG_4459.jpg


子供がいるとやっぱりこういうことしたくなるんでしょうねえ。
ありがちですが玄関の土間の一画に玉石のレイアウト。
というかオーナーご主人は言い出しっぺなのに
当日は来れなくなり、奥さんと子供におまかせ。
なので当初打ち合わせしていた変節一二三石(ひふみいし)風の
アレンジはご破算になり、ただのランダム配置に。

さらに、怪獣が気まぐれに置いた石やビー玉も、
左官屋さんの手で適度におかしくないよう微調整され、
まあなんとも中途半端な配置になってしまいました。

_MG_4463.jpg

こういうことになるなら、むしろ
もっと極端にヘンテコなようにすればよかったなあ。
想定外の展開に即興で応えるのが相変わらず苦手だ。



室内はおおよそ工事完了。
照明の位置がなぜか指示と違っていたのだが、
これはこれでバランスがとれていたのでOKに。

_MG_4467.jpg


引渡しは来週です。

水槽更新-23

サンゴ水槽のシステムがとりあえず出来上がったので、
今度は、以前サンゴ水槽に使ってた90cmを使って、
淡水(水草?)水槽をセッティング。

外部フィルターとクーラーを配管して、
ヒーターは寒くなってからでいいや。
照明も以前サンゴ用に使ってたメタハラの150w。
(ちょっと強いかな?)

ソイル敷いて生月のオロノクチで拾ってきた石と、
通販で適当に買った流木をレイアウト。
流木はまだ浮くので玉石で重しに。
水草も寄せ植えのヤツと前景草を適当に植え込んで、
このまま1ヶ月ぐらい放置かな。

流木が沈んで水草が根付いてバクテリアが十分繁殖したら、
レイアウト調整して生体何入れるか考えよう。

_MG_4482.jpg

怪しい敷地

見る人が見ると「あ!あそこか〜。」と思うかもしれません。
案外市内中心地に近いですが、ほとんど「森」です。
石積みの擁壁はもう限界な感じですね。

P6051303.jpg


個人住宅だと聞いてるのだが、地図や敷地図を見てみると、
塔とか御堂とか茶室とかもあってなんだかよくわからない。
下から見たときは結構しっかりした作りだと思ったんだけど、
上から覗いてみると塔の屋根は飛ばされて下地が朽ちかけてます。
もうほとんど管理の手が届いてないのでしょうか。

P6051313.jpg


とある関係者より、
どのような開発が可能か検討してみてくれ、と依頼のあった敷地。

実際法規制上いろいろと面倒な条件がかかってるので、
まわりはそこそこ大規模なマンションが建ってるなかで、
開発されずに今まで残っていたのでしょう。

けどまあちょっと工夫すれば面白い計画ができそうですけどね。
さてさて、妄想を膨らませてみますか。

和白に再調査

シーズンも終盤になってきたので、
来年に向けて和白干潟を再調査です。

時々小雨混じりの曇りだったので暑くもなく快適。

3月に一度行っていて、そのときは数は多いものの持って帰るには
ちょっとサイズが足りない小さいものばっかりだったのだが、
それが順調にひとまわり大きくなってる感じ。
散々潮干狩り客に掘られ尽くしてる時期だけど、
思ったほど数も減ってる感じはしなかったので、
来年には例年通りの状態に戻るでしょう。

ここ3年ぐらい不調続きだったので嬉しいかぎり。

漁獲の方は4kgちょっと、それとエビ2匹。

P6091324.jpg

壱岐のプロジェクト-6

今年は早めに梅雨に突入してどうなることかと思いましたが、
幸い(?)雨があんまり降らないので現場は助かってます。

外観はだいたい出来上がってしまいました。
まわりの田んぼはちょうど田植えが終わったところ。

_MG_4438.jpg


サイディングのディテールはやっぱり上手くいかないところがあるなあ。

_MG_4430.jpg


外構も着々と。
といいたいところだが面取りが広すぎる!

_MG_4431.jpg


中はいろいろと仕上の作業中。
建具とか設備がもうちょっと。

_MG_4414.jpg



水の入った田んぼにはカエルやオタマジャクシがわんさかいるし、
たぶんそれを狙ってシマヘビやらマムシやらも出てくるだろうし、
キジの鳴き声も結構近くから聞こえてきてたし(ヘビ大好物なんだっけ?)、
虫も鳥ももちろんたくさんいるし、
動植物対策が大変だろうなあと今更ながら思う。