おさむ

  • Day:2014.09.29 00:44
  • Cat:Eat
久しぶりに釣り以外のネタですが、
美味い寿司屋、長住の「鮨 おさむ」です。

P9261756.jpg


だいたい寿司屋では握りメインで楽しむことにしてるのだが、
夜はおまかせのみということなので、この日は会席。
日によっては会席じゃない場合もあるみたいなのだが。

大将がまたにこやかで接客が丁寧というか、
まあほとんど貸し切り状態だったこともあり、
料理の説明もひとつひとつ詳しく聞けて、
写真も撮り放題だし、なんかすごく楽しかったという印象。

全品写真載せるのも冗長なので主なものだけ。

お料理はまず、ツブガイのお煮付けに、次はサラダ。
織部にこんだけ盛られると迫力というかなんというか…
目がチカチカするw

P9261752.jpg

それからフグ刺しと来て、イワシと梅干しの炊いたの。

P9261755.jpg


それからいよいよ握り。
まずヤリイカとウニ。

P9261758.jpg

カワハギが来て次はヒラメ。
白身が充実してる寿司屋って好きだなあ。

P9261761.jpg

マグロの漬けは2種類。
最初のは煎り酒(?)といって
酒と梅干しを煮詰めて出汁をとったものらしい。
初めての味。ふむふむ。

P9261763.jpg

2つめは普通の漬け。
といってもこの色艶と、
おおおおお!ぜんぜん筋っぽくないとろける口当たり。

P9261764.jpg

そしてトロ。
これまた単に柔らかいだけじゃなくて、
ああトロって「脂」の味がするんだ!という感じ。

P9261765.jpg


それからしめ鯖にクルマエビ。
そしてウニ。
地物のウニはそろそろ終盤で、
あとひと月すると北海道ものにするらしい。

P9261768.jpg

次がアナゴ。
これは正直いってやま中のふわふわなアナゴの方が好きかなあ。
まあこちらの香ばしく炙った感じも捨てがたいが…。

そして巻物は切らずに2口ほどで頂ける手巻き寿司。
海苔の味と香りが衝撃的すぎて中身を覚えてないw
たぶんマグロとなんかいろいろ入ってた気がするが…
クルマエビも3mmほどの細い海苔で縛ってあったのだが、
それだけでも「あ、海苔美味い!」って思ったものな。

さらに名物(?)のいなりに、
追加のアワビ。何時間炊いたのか?ふわふわのもちもち♪
デザートは種無しのマスカット。

いやしかし堪能しました。
交通の便が悪いのだけは欠点かなあ。
家から歩いて行ければ良いのに。

秋の荒食い、のはずだけど?

9月に入って渓流の魚たちも活性が上がってくるはずなのだが、
竿の修理がなかなか終わらず、やっと行けたのは12日。

今回から一眼レフ背負っての入渓。

9月の初めはかなり増水気味だったのが、
雨が降らなくなって徐々に平水に戻りつつある。
星野川のいつものコースに入ると、まずポンポンと16、7cmのが2匹。
今までは魚の気配なんか全然なかったチョークのごく浅い岩の影から。
なるほどこれが秋の荒食いか?

ちょっと登って落ち込みや荒瀬が続くポイントで、

_MG_5109.jpg

ちょっと良い型。
25cmぐらい。星野川では初めてのアマゴだ。

_MG_5077.jpg

ちょこちょこと小型をゲットしながらさらに登って、
支流の熊渡川に入ったところ、ちょっとした壷で2匹連続の25cmクラス。
こっちはヤマメ。

_MG_5083.jpg

10cmちょいぐらいのも何度かヒットしたけど、これはさすがにリリース。
なんだかんだで8匹キープしました。


次に前回尺アマゴの出た龍川内渓谷へ。
前回脱渓した工事現場よりさらに1kmほど上流まで登るものの、な〜んもなし。
渓相はなかなか好きな川なのだが、工事のせいか、やっぱり放流されてないのだろうな。
早くもとに戻ってほしいねえ。

_MG_5101.jpg



次に行ったのは18日。
ずっと雨も降らず、もうかなり水位が下がっていて、
6月に行き始めてから最低レベル。

まず御側川では15cmクラスが2匹。

_MG_5102.jpg


それから1時間かけて星野川に移動して、23cmと15cm。

_MG_5119.jpg


人が多くなってきたような気もするし、案の定釣果の方も寂しい状況。
禁漁前に状況上向くかなあ?