みおふぉんにしました。

  • Day:2014.10.31 01:00
  • Cat:Apple
まあ以前から検討はしていたのだが今回、
通信費削減のためMNPに踏み切りました。

iPhone 3Gの時からだから、
ソフトバンクとは6年間のおつきあい。
iPhoneを他社に先駆けて導入した功績など、
評価というかむしろ多大に感謝してもいるわけなのだが、
まあ十分すぎるほど普及してしまったし、
SIMフリー化への流れや格安SIMとか周囲の状況も揃ってきて、
もう(ボクの中では)役割を終えた感があるのよね。

あとね、今シーズンやってみた渓流釣りで、
集落をちょっと離れると途端に圏外になる
SBのカバーエリアの狭さを初めて切実に感じたことも大きい。


そういうわけで、
まずアップルストアでiPhone 6のSIMフリー機を購入。
それからいくつかあるSIM提供会社を比較検討して、
最終的にIIJmioの「みおふぉん」に決定。

MNPの予約番号を取ってからネットで申し込み。
IIJ側で移転の手続きが行われてから家にSIMが届くまで、
実質1日半の通話出来ない時間があったのだが、
各所でWiFi使えば特に不都合なことはなかった。

届いたら早速SIMを入れ替え。

IMG_2209.jpg

それから唯一の設定項目としては、APN接続のための
プロファイルをIIJのサポートページからダウンロード。

ついにiPhoneにdocomoのロゴが!
(実はなんか嫌w)

IMG_2204.jpg


しばらく使ってみないとなんともなのだが、
試算では4500円/月ほど減るので、
2年間で考えるとSIMフリーの本体代も契約解除料も
余裕で元がとれるはずなのだが、さて。

堤防シイラ

今年は水温の低下が早く、
9月中旬には本格的に群れが入ってきてたみたい。
でも9月はヤマメ釣りで忙しかったのと
10月に入ると台風が来たりなんかして、
7日にようやく行けました。

いつもの白灯台側。
風も天気も申し分なく。

_MG_5182.jpg


普段はどちらかというと上げ潮の方が調子良いことが多いのだが、
この日は夜明け〜満潮まで3回ほど単発回遊で、
イマイチなのかな?と思いきや
満潮の潮止まりから10〜20匹の群れで断続的に来ました。

まず1匹。
メーターちょい超えぐらいでしょうか。

_MG_5183.jpg

1匹目の解体処理が終わる前にまた回遊があって2匹目。
メーターギリギリかちょい足りないぐらい。
絞める前なのでこんな色です。

_MG_5185.jpg


11時ぐらいには落ち着いて、しばらく何もない時間帯が続く。
が3時半ぐらいに赤灯台との間に20匹ほどの群れがきて、
最初赤灯台側のルアーを追ってたところを
なんとかこちらに追わせることに成功、
したものの食ってきたのは一番小さな個体でした。
130クラスが3、4匹いたのにな〜。

これもメーターちょいの♀。

_MG_5198.jpg


デカいのにはなかなか縁がないなあ。
隣の人は120と130揚げてましたが。

皆既月食

欠け始めは高度も低くて市内の明かりもあって
いまいち綺麗に撮れなさそうだな〜、と思って他のことしてたら、
皆既状態の時間を逃してしまいました。

ちょっと月光が戻り始めたところから。

_MG_5213.jpg

_MG_5236.jpg

市内の霞んだ空気だと、
やっぱりどうしても影の赤いところは鮮明に写りませんね。


当初は生月に今日釣りに行く予定で、
夜になって向こうで撮るつもりでいたのだが、
やっぱりそうするべきだったか。
今日はバレンも上がってたらしいし。


ほぼ終了。
食は終わって、地球の影の周囲のボケ(大気部分?)がまだかかってるところ。

_MG_5241.jpg

シーズン締めくくり

9月21日。
星野川。

2、3日前にちょっとだけ雨が降って、
調子が上向いてないかな?と思って行ったのだが、全くふるわず。
上流部から結構下流部まであちこち様子見で入ってみるものの、
15cmぐらいの1匹のみ。

彼岸花は真っ盛りね。
田んぼの緑とコントラスト。

_MG_5140.jpg


栗はちょうど落ち始めたようで、川を登っていると時々
足元にツヤツヤしたヤツが落ちている。
土が良いのか日当りが良いのか、
大きい実がなってる木を見つけたので、
ヤマメそっちのけでついつい栗拾いにハマった。

_MG_5125.jpg



9月30日。
御側川・矢部川・星野川。

明日から禁漁になってしまうので、気合い入れて回る。

朝一は御側川のまだ入ってなかったところに
期待して入ってみるものの空振り。
水量がかなり減ってるにしてはいい感じの渓相なんだけどな。
人が入り過ぎなのかな?

_MG_5147.jpg


それから矢部川に移動して、砂防ダムの壷で1匹。
27cmあるのだが痩せてひょろひょろの魚体。

_MG_5150.jpg


また御側川に戻って源流部まで登ってみると2匹。
21、2cmぐらい。
他にも2、3回フッキングできなかったアタリがあったので、
魚の活性は高いっぽいのだが、これも痩せてる。

_MG_5167.jpg

黒くサビてるし、尾ビレも擦り切れてるし、
卵巣も精巣も細ってたので産卵後の魚体ってことよね?
時期的にこんなもの?
もうちょっと後だと思ってた。


25cmぐらいのが追ってきたポイント。
どっから攻めたら良いのか???
こういう時のために鉈かノコギリ持ってたほうがいいのか?

_MG_5154.jpg


紅葉にはまだかなり早いのだが、
ホオノキ(朴)は一足先に色づいてた。

_MG_5163.jpg


最後に夕マヅメを狙って星野川まで移動したが、
15cmくらいの1匹のみ。
相変わらず渋いね。
みんな産卵中なのかな?

というわけで今シーズンのヤマメ釣りは終了。
ルアーでは初めて、渓流釣り自体20年ぶり(旅行時を除く)ぐらい
にしてはまあまあ結果も出たのではないかな。
まあ20回近く通ったし。

来シーズンはまた違う水系も開拓してみましょう。