ラストハマグリ(のはず)

もういいかげん暑くてやってられないですが、またハマグリ食べたくて行ってきました。伊万里湾の某干潟。

最初は今シーズン開拓できずに残ってた数カ所をウロウロ。が、入っていく道がなくなってたり、目当てにしてた場所は堤防で仕切られてて干拓(?)されてたり、思ったほど干潟が広がってなかったりで、ちょっと期待はずれ。まあ来年改めてリサーチしてみましょう。

というわけで既知のポイントで晩ご飯分を確保、と思ったのだがついつい頑張りすぎて1.5kgぐらいになったでしょうか。サイズもまあまあ良いのが揃ってますよ。

150720-1.jpg


今後のことを考えると採り尽くすのはマズいよなあなどと思いつつ、まあたくさん残ってたからといって来年や再来年多いかというとそんなことはなくて、なんか勝手に増えたり減ったりするので正直よくわからんのですが。

150720-2.jpg


さて来年はどんなシーズンになるでしょうね。
カイカキのことを考えると、とにかく和白や雁ノ巣のアサリが復活してくれることを願います。

イワナ退治

台風が通り過ぎると梅雨明け? とにかくしばらく晴れが続いて減水しそうだったので、台風来る前に行ってきました。また大谷川です。

まずは上流部。五ヶ所の小学校近くから入渓。

運転中は阿蘇のあたりから高森にかけてすごく濃い霧だったのだが、日が昇るとすっきりとした青空に。

予報だともっと雲が多いはずだったんだけどな〜
おかしいな〜
暑いな〜

150718-1.jpg


明るいとやっぱりヤマメの反応がいまいちで、釣れてくるのはイワナばっかりです。5匹中3匹がイワナ。

150718-2.jpg


ヤマメと比べると味も落ちるのでいまいち嬉しくはないのだが、かといってリリースするとますますこの川がイワナだらけになる気がするので、しっかり持って帰りますよ。もともと九州にはいないはずの魚だし、できればヤマメがもっと増えてほしいしね。


第2ラウンドはちょっと下流のまだ入ったことのなかったエリアへ。
橋のそばで新しい水位計が試験運用されてますね。

150718-3.jpg

ネットでチェックできる水位がもっと下流のダムの下のものだけだったので、ここがちゃんと運用されるようになると助かるなあ。ダムの下は放流によって水位が上下するので、上流の水位動向とは違ってることが多い。このエリアの釣りにはあまり参考にできないことがある。


ここはヤマメ1匹だけ追加。
水位の影響もあるけどポイントがわかりにくい流れで、遡行も難しいし晴天で暑いし早々に撤収。

150718-4.jpg


大型昆虫をたくさん食べてたのでルアーで釣りやすい季節ではあるのだけど、やっぱ雨降らないと難しいな。
次回はいつ行けるでしょうか。

潮干狩りラスト(?)

相変わらず伊万里湾の開拓に精を出してますが、もういい加減、今シーズンラストかな? もう1回ぐらい行けるかな?

前回は降りなかったポイントを2箇所ほど探ってみるものの、結果は振るわず。うち1箇所は全体的に人が掘った形跡があるので最近掘り尽くされちゃったのか? まあ来シーズン早めに来て様子を見てみましょう。


というわけで既知のポイントを2箇所ほど掘って晩御飯分を確保。

150701-1.jpg

まあもっと頑張ってもいいんだけど暑くてやってられないですからね。それに中潮であまり引いてる時間が長くはなかったし。

撤収するときはもうこんな感じで。

150701-2.jpg


カイカキのハマグリ専用モデルもだいぶ熟成されてきた、というか完成形が見えてきた気がする。次期ロットはいつ作ろうか。


デカイのは焼きハマグリで。
春よりもやっぱり身が肥えてるんだよな〜。みんなこの時期まで採らずに待ってたほうがいいと思うのだが、そうもいかないか。

150701-4.jpg