グリップ改良しました。

カイカキSHOPのページと重複しますがこちらにも載せておきます。


カイカキ漁業用モデルの試験中にグリップが折れた話を書きました。

「漁師のみなさんと掘ってみました(3)」

そのつづきです。

ちょうど2017年シーズン用のグリップでは、これまでの2つのパーツを接着&ビス止めする形から一体成形に変更しようとしていたところでしたので、急遽形状も変更して、真ん中の肉抜きの部分に改めて上下をつなぐウェブプレートを厚さ6mmで追加することにしました。ビスがなくなる分を引いてもちょっと重くなる計算ですが仕方ないでしょう。まあ詳しく計算したわけでもないのでアレですが、これで捻ったときの応力は分散されて変形はかなり小さくなるはずです。また漁師の人たちに使ってもらって検証しましょう。

170201-2.jpg

もちろん漁業専用というわけではなく、普通のレジャー用のほうもこの形にします。何種類も作るわけにもいきませんからね。


一体成形化についてはボクはほとんど何もしてません。某工房が頑張ってくれました。

170201-3.jpg

鋳型が従来よりかなり深くなるわけで、マスターの切削は結構大変だったようです。シリコンも厚くなってかなりの量を消費します。樹脂を流し込むのもちょっと難易度上がったかも。まあおかげでグリップを組み立てる手間がほとんどなくなって、バリを落としてビスの下穴を開けるだけになりました。おかげさまで大助かりです。接着剤の劣化とかもないので耐久性もアップしてるでしょう、たぶん。


色については2016年用の反省から明るくて目立つ色、ということで黄色です。

170201-1.jpg

これはユーザーさんからも数件要望があって、干潟に放置されたものを見つけやすくするため。たとえば子供なんかよく置きっぱなしにしてどっか行っちゃいますが、どこに置いてたかなんてすぐわからなくなりますからね。ダークグレーとかだと探すのに苦労するわけです。で今年は黄色。

某メーカーのカッターみたいですねw

来年以降も明るくて派手な色を使っていく予定です。