天草はやっぱり遠かった。

  • Day:2017.03.25 18:51
  • Cat:Travel
この宿にお世話になるのも3回目ですかね。仕事がこれからちょっと忙しくなる予感がしてきたので、そうなる前にさくっと決めて逃避してきました。天草の下島西岸、下田温泉近くの「石山離宮 五足のくつ」。

世の中は連休だそうで、車は多いし高速は事故処理渋滞が2か所もあって、松橋ICまで3時間、さらにそこから2時間半。午前中ちょっと用事を済ませてからの出発だったので、着いたときにはもう夕方。

170325-1.jpg

食べ物や海ならこのぐらいの宿は長崎方面でも小浜あたりにありそうな気がしますが、なんかね。
もっと僻地に行きたいわけですよ。


ちょっと海岸までお散歩。

170325-3.jpg

念のため車には一通り装備が積んでありますが、ここまで来るとそうガツガツと釣りをする気分にならないですよね。というかヒラでも出そうな天候ならまだしも、ベイトも見当たらなかったし、アラカブやらイカやら何匹か釣ってもしょうがないですしね。

というわけで露天風呂。

170325-2.jpg

こんな感じで小さいですが部屋にあります。
実際入ったのは日が暮れたあとなので真っ暗ですが。


それからお食事。
海老の和え物、緋扇貝の石焼き、それからお造りはヒラメ、カンパチ、イカ(ヤリ?)。

170325-4.jpg

蛤の真薯の椀、海老を桜の葉で巻いた握り、太刀魚の焼き物ときて、
蕗の薹の天ぷらとタラの芽、アスパラ、菜の花、生雲丹添え。

170325-5.jpg

さらに鯛とメカブのしゃぶしゃぶに、雑炊とアオサのおみおつけ。
前回までの吐きそうになるほどの量ではなくて、だいぶ手加減をしていただいたのか丁度良い満腹感でした。

朝食にはアジの開きやアサリのおみおつけ。
木じゃなくて陶器の椀です。

170325-6.jpg


風呂に入ったりお昼寝?してお昼近くまで部屋でうだうだ。まあ雨降ってましたからね。チェックアウトしたら海岸沿いをしばらく走って、お昼ご飯は本渡の「ひらはた」でうに丼。

と、目の前のケースでキラキラ光ってるこいつをまずオーダー。

170325-7.jpg

キビナゴのお刺身。
からし酢味噌じゃなくて普通にわさび醤油でしたが美味いっす。旬ですね。

うに丼は天草の観光協会が推してやたら盛り上げようとしてますが、まあ普通ですw
人参とキュウリとパイナップルはいらないんじゃないかな?

170325-8.jpg

観光でこうやって単発で推すと例によって資源管理が疎かになりそうで嫌な予感しかしませんね。ぜひ賢くやってもらいたいものです。それよりも横に添えてある鯛のあら汁の美味いこと!

なんか街の食堂的なお店ですが、観光ガイドのパンフレットから美味しそうな匂いを感じて選びました。嗅覚は衰えてませんね。あとカワハギ料理が名物だそうなので次回はそれで。


思うところあって寄ろうと予定してた熊本の鍛冶屋が電話で聞くと残念ながらお休みだそうで、帰りはあちこちの物産館などを冷やかしつつ、また5時間運転して帰ってきましたです。

和白のアサリはまあ普通?

ちょっと更新が遅くなりました。
潮干狩り2回目は博多湾の和白干潟です。

昨シーズンは4月に入ったあたりからサイズの良いのが徐々に増えて、近年稀に見る当たり年となりましたが今年はどうでしょうか。

最初、雁ノ巣側の駐車スペースに車を停めて海の様子をうかがいましたが、この日はそれほど潮が大きくないので、干潮2時間前でもこんな状態。去年も来てたシーバスアングラーがまだ頑張ってますね。

170315-1.jpg


時間がもったいなかったので塩浜側に移動すると、もうだいぶ人が出ていました。

170315-2.jpg

人の配置とか様子とか見るとそこそこ採れてるような感じですが…。
掘ってみると思ったほどは出てきません。

最初は試し堀りをしながら広範囲をウロウロして、そのなかで比較的アサリの多かった岸寄りのポイントで途中から腰を落ち着けて掘り始めました。


1か所でずっと頑張ってみましたが、3時間でだいたいこれぐらいの範囲を掘ります。熊手とか草刈り鎌だとたぶんこの1/3ぐらいですよね。

170315-3.jpg


とはいえ収穫はやっと3kgぐらい。
サイズも4cm超は数えるほどしかいません。

170315-4.jpg


まだ数もサイズも本調子ではない感じでしょうかね。
去年みたいにこれから増えてくると良いのですが。

やっぱり磯は楽しいね〜♪

ヒラスズキ釣りは実に1年半ぶりになってしまいました。

この春はいいかげん行かなきゃ!とか思いながら天気と潮をチェックして出撃。北西風で4mほどの波が2日続いたあとの収まりかけ、2.5mのち1.5m。平日なので降りる磯はまあある程度より取り見取りなのですが、どうしても確実そうなところを選んでしまいます。明け方満潮なのでゴロタ絡みでも良かったかなあ。

ちょうど釣りやすそうな荒れ具合です。

170314-1.jpg


で最初のポイントがいきなり50cmクラスのスクールで、3ヒット。
しかし全部バラし(T-T)

今回はちょっと試しにUC10ftでやってみてたのですが、ことごとく根に絡まれる。まあ時期的にヒットポイントが根際に限られることもありますが、感覚的にかわせてるはずのところがかわせてない。もう1歩前に出ないといけない。こんなにはっきり違うものですかね。長さだけじゃなくてちょっと柔らかいのもあるかな?

3ヒット以外にもアタックはいくつかありましたが、結局ノーフィッシュで最初のポイントを潰す。そこから先のポイントは魚が薄くなって、それぞれの根際に1匹ずつ着いてるような感じ。

170314-2.jpg


奥まで駆け足でチェックしながら行って、戻りはルアーもローテーションしながらネチネチ探って、なんとか2匹だけキャッチ。50cmぐらいと55cmぐらい。

170314-3.jpg


小さいけど全体的に魚は多くてそれなりに楽しめました。11ftよりもちょっとだけ自分が積極的に動かないといけないところがまたスリリングで面白いかも。波が高いときは止めといたほうがいいでしょうけどね。

他にも何か所か回ってみるつもりだったのですが、結局午前中いっぱいひとつの磯で時間を使ってしまいました。日が照ってくると暑いぐらいです。

170314-4.jpg



帰りに唐津にも寄ってみましたが、こちらは空振り。
早くでかいのも釣りたいっすね。

170314-5.jpg

ハマグリ調査

今年は年末とか年明けからカイカキに関してはいろいろと動きがあって、なんかずっとやってたような気がしてますが、実際現場で掘るのは一応今シーズン初になります。

手始めに伊万里湾のハマグリ調査。
これまでのポイントに加えて、新たにとある筋から教えてもらった場所を一通りチェックしましたが、まあ予想通りあんまりいませんね。

170228-1.jpg

これまでのポイントは貝が増える時期がだいたい決まってるみたいで、やっぱりそれを待つしかないようです。今年も同じように増えてくれたらいいけど。

新しいポイントは話に聞いた感じではどうも違うパターンのようなのですが、大きいのがいくつか出てきたものの、数はそんなに出てきませんでした。というか干潟自体が結構広いので、まだポイントを絞りきれてないのかもしれませんが。というわけでここも今後チェックするようにしましょうか。


で、まだ日が落ちるのにも潮が満ちてくるのにも時間があったので、ちょっと移動してぜんぜん新しいエリアの開拓へ。着いたら思いの外広い干潟が広がってました。砂もサラサラして掘りやすそう。アサリのポイントか?と思うぐらいです。

170228-2.jpg

数人分の掘った跡があったので、潮干狩りしてる人がいるのは明らかなのですが、禁漁区その他の確認ができてないので、今の段階では公表できません。

試しに掘ってみると場所によっては小振りですが退屈しない程度に出てきます。まあ伊万里湾の異常なサイズに慣れてしまったのでアレですが、小振りとはいっても魚屋とかで売ってるような食べごろサイズも出てくるので、まあ楽しめるんじゃないでしょうか。一時期の熊本みたいな感じ。

170228-3.jpg



次回はアサリの調査に行かねば。