坊主ではないものの。

前回さっぱりだったので、雨が降るのを待ってもう一度行ってきました。
とはいっても現地の防災情報では累積15mm程度。
さてちょっとは好転してるでしょうかね?


緑は随分濃くなってきました。

170530-2.jpg


水位はたぶんほとんど変わらず。
ここも梅雨時ならもう2、30cmぐらい水があって流れも太くて良いポイントなのですが。

170530-1.jpg

でも魚はいました。ここ、っていう岩陰にはたいていいて、チョチョンと誘いを入れるとスッと出てきます。が、食わない。まあ良い時には誘いも必要なく1発で食ってくるようなところで、必死に誘ってなんとか魚影を確認できる程度なので、活性は相変わらず低いですわね。

で、ごくたまに間違って食いついてしまった方々がこちら。

170530-3.jpg

170530-4.jpg


いつもよりネチネチとあれやこれや試しながら、8時間遡行してキャッチできたのはなんとか4尾でした。

やっぱ梅雨になるのを待ちましょうかね。


170530-5.jpg

釣りに熱中しすぎて途中あんまり水分補給してなくて、脱渓時にもペットボトルに中身が残ってますが、この直後登山道の登りで膝の筋肉がつりました。給水してしばらくストレッチしてなんとか再出発。日中はだいぶ気温も上がるようになったので給水は大事ですね。ペットボトルがなくなっても飲み水はいくらでもあるので、ケチってはいけません。

やっぱりボウズ

しばらくまともな雨も降ってないし、そろそろ田んぼの取水が始まってる時期なので厳しいだろうなあ、しかも人多いだろうしとは思いつつ、とはいえ海の方は潮がいまいちだし天気も良すぎるし、とりあえず遊魚券の購入と新たなポイント探索で久しぶりに山に行ってきました。

まずは竹田釣具センターまで降りて遊魚券を入手。
今年の腕章は黄色。

170511-6.jpg


それと、ちょっと前に購入したSIMMSのウエーディングブーツの初卸しでもあります。

170511-1.jpg

昨シーズンまで普通にゴアのウエーダーだったのですが、まる1日かかるような遡行とその後の林道歩きがさすがにきついのと、しかも時期的に梅雨〜漁期終了までの暑い時期がメインなので、より快適にということでウエーディングブーツとタイツの沢登りスタイルに変えてみました。ネオプレンのソックスと、タイツはとりあえずファイントレックのレイヤーシステムで。あと、すね当てはあんまり必要ない気もしててまだ買ってないんですが、やっぱり転んだ時のダメージが違うんでしょうねえ。どうしようかな。

今回はあんまり長い距離登ってませんが、結論としてはやっぱり快適♪
しばらくこのスタイルでやってみましょう。


んで川のほうはというと、田んぼの取水を避けて源流部に入ってみましたが、思った通りぜんぜん流れがありません。人が多いの覚悟で本流狙いのほうがまだマシだったかな?

170511-2.jpg

魚もいることはいますが、ぜんぜんやる気なし。広い瀬に出てフラフラ泳いでますけどルアーには見向きもしません。マズメだけちょっとスイッチが入る感じでしょうかね。

170511-4.jpg


というわけで案の定ボウズ。
ただ新緑に癒されて帰ってきました。

170511-3.jpg

170511-5.jpg

雁ノ巣はどうでしょうか?

シーズン初期は結構大きめのサイズが採れたらしく、ちょくちょく情報が入ってたので久しぶりに行ってみました。駐車場や水場があるので初心者連れのときは行きますが、干潟までちょっと歩くのが面倒なのでしばらく行ってなかったのです。

GW前なのでそこまで人も多くなくて、これはまだ残ってるだろうと思ったのですが、、、


そこそこ出てきますがそこまで大きくはないなあ。

170420-1.jpg

それに場所によっている/いないが激しいのでだいぶもう採られちゃった感じでしょうか。あちこち探りながら3kg程度確保。前回の和白とだいたい同じぐらいでしたね。

そうこうしてたら急に霧が出てきて寒くなりました。

170420-2.jpg

午後にこうなるって珍しいですね。