和白はダメですなあ。

3月以来行ってなかったので、とりあえず様子見に行っておかなくては、と思って行ってみました。が例年にも増してものすごい掘り跡が一面に。シーズン中そんなに人が来てたんですかね?

アサリも悲惨なくらいいません。

170629-1.jpg


あっちこっち探して回って1kgちょっと確保するのがやっと。
これはアサリが豊漁で人が押し寄せて採り尽くされちゃったのか、そもそもアサリがいなかったのかどっちなんでしょうね?

まあいずれにせよ来年のことは来年になってみないとわからないんですが、砂州とか水路の形も変わってたし砂質も徐々に良くない状態に変わってきてるし、不安な要素がいろいろと多くなってきた気がします。どうなることか。


潮干狩り行くのも今シーズンあと1回か2回ですけど、どこ行きますかねえ。

伊万里湾調査

5月中はいろいろと週末に用事が重なって全然行けませんでしたが、ようやく最後の週末に時間が取れました。伊万里湾のハマグリ調査。

最初のポイント。

170603-1.jpg

ここ2、3年調子良くて7cm以上の大型がそこそこ採れてた場所なんですが、出てくるのは4cmぐらいのばっかり。ちょっと期待外れですねえ。やっぱり採りすぎていなくなっちゃったのか?


で次のポイントへ。

170603-2.jpg

ここは例年通りですかね。極端に大きいのはいませんが、5、6cmを中心に食べごろサイズが退屈しない程度に出てきます。しかもここのは殻があんまり黒くなってなくて綺麗です。


さらにもう一か所。

170603-3.jpg

8cm超のサイズがボロボロ出てきましたよ。ちょっと思いもよりませんでしたが有望なポイントでした。


というような感じで駆け足てチェックして回りましたけど、どこも採り尽くされた感じではなくて結構貝が残ってますね。あんまり人が入ってないのでしょうか。それにしても場所によって違うサイズが棲み分けてるというか、成長するに従って接岸する場所が変わるんですかね? どういう仕組みでこうなるのか?

まあとにかく今年はもうしばらく楽しめそうです。


持ち帰って早速いただきました♪

170603-4.jpg

大型のハマグリは最近ほとんどホイル焼きにしてますね。洗い物が少なくて済むし、網焼きと違って殻が弾けないし、ちゃんと全体に火を通してもカピカピにならないし良いです。今回の味付けはオリーブオイルとアヒージョの元を振りかけただけ。お手軽です。