大ハマグリ健在

4/21はハマグリのポイントへ。

ここ数年開拓中のエリアなのですが、なかなかアクセスに難があるのと、成果もいまひとつ安定しないので、これまであまり人を案内したことはありません。

この日もまずは今まで入ったことのないポイントへ。

以前から目をつけてはいたのですが、エリアの中でも特にアクセスが不便というかハードル高いので後回しにしていました。
車がギリギリ通れるか通れないかという道を1kmほど進み、さらに石がゴロゴロしたり泥でぬかるんだりの海岸を数百m。
もちろん潮が十分に引いてる間しか行くことができません。
取り残されたらどうしましょうかね?w



おお♪

190424-1.jpg

10cm超を筆頭に8、9cmクラス。
なかなか有望なポイントのようで、こういうところは大事に維持していきたいですね。
というわけで程々にして撤収。


次はここ2、3年不調が続くポイントを様子見。

190424-2.jpg

ポツポツしかいませんね。
しかも小さいし(といっても十分食べごろサイズですが)。

それから次は昨年まで調子の良かったポイントですが、ここも小さいのがポツポツ。

ん〜、年や季節で変わるのか? やっぱり採りすぎか?
まあこういう事になるから人を案内したりしてないわけですが。
元々のキャパが思いのほか小さいんですかねえ。
何年か待てば復活してくれたりするでしょうか?



そして最後は昨年見つけたポイント。

190424-3.jpg

ここは健在ですね。
良かった。
できるだけ持続的に楽しめるようにしたいものです。



晩には早速ホイル焼きで。

190424-4.jpg

ご馳走様でした♪

ヒラスズキはまだスポーニング中?

秋以来の生月です。
良い具合に北西風で荒れた収まりかけを狙って出撃。

平日だし場所取りも競争率低かろうと思って、まずは東岸の堤防でマル狙い。
準備運動。
UC88の初下ろしでもあります。

早速ミノーで2本、75cmと65cm。

190403-1.jpg

良い感じです。
もうちょい飛距離欲しいな〜とは思いますけど、テトラでの取り回しにはやっぱこれぐらいの長さが楽ですね。軽いし魚の動きにきっちり対応できて、よっぽど下手打たない限りバラすこともなさそう。エギングもこれでやっちゃうかな。

2本のあとトップでしばらくぺちょぺちょやってましたが反応なし。

というわけで西岸に移動。
下げ始めたぐらいなのでまずはゴロタかな〜と車を走らせると、タカノス〜処理場まで満員。みなさん来てるんですね(^^;
で方倉が珍しく空いてたので神社前から北に探っていくと、、、

いつもいるポイントでやっぱり出ました。
75cm。

190403-2.jpg

久しぶりに70クラスのヒラ見た気がします。
やっぱカッコイイ♪

でもなんか、、、
肉付きがいいというよりは腹がでっぷりしてるし、若干サビ色が入ってるし、ひょっとしてスポーニング?4月に?

帰って捌いたらやっぱりしっかり卵持ってました。
海の中は季節どうなってるんでしょうね。

そのあとまたネチネチと探ってまわりましたが2匹目には会えず。
だけど美味しそうなオマケ付き。

190403-3.jpg


方倉が空振ったらどっかの磯に入ろうかと思ってましたが、まあ3匹(+1匹)確保してるので、これで終了。
食料は十分確保したし、古くなってた亀甲岩の醤油も買い込んで目的は達成。
水のある海も楽しいですね♪