今シーズン最後かな。

他にまともに採れるところもなく、結局今シーズンの締めはまた某ハマグリの海域へ。

まずは今まで入ったことのない干潟。

ここも干潟に降りてから少し歩くのですが、行ってみると砂の質がちょっと思ってたのと違っていまひとつ。まあ部分的にいそうなところはあって、頑張って掘るとポロポロと出てはきますが、ん〜それほど有望な感じではないですね。

ここでは4個だけ。

190610-1.jpg


もう1ヶ所地図を見てあたりをつけてたところがあったのですが、ここは行ってみると昔に干拓?し損なった感じで、石積み堤防で仕切られてました。結構こういうところ多いですね。一応堤防を超えて海水の行き来はあるので掘ってはみましたが、やはり出てこず。


というわけで最後は前回見つけたポイントに入ってしばらく掘りました。

190610-2.jpg

ここはサイズも良いですが殻が綺麗なのが良いですねえ。
この海域では珍しいです。



さて今シーズンはこれで終了です(たぶん)。
来年はたくさん採れると良いな〜

今年の沢はどうでしょうね。

だんだん暑くなってきてゴロタ歩きも潮干狩りも辛くなってきたので、自分的に渓流釣りのシーズンインです。

とりあえず今年も大野川水系の探索を続けますので、まずは遊漁券を購入に。これまで竹田の釣具屋に行って買ってましたけど、ようやくコンビニで売ってるとこを見つけたので、これで開店時間に左右されずに買えますね。なんで今まで探さなかったんだろ?

今年の腕章はオレンジ。

190609-1.jpg


今シーズンは解禁直後はずっと雨が続いて調子良かったみたいですが、4、5月は雨少なくて減水気味。しかもこの日は夏日がしばらく続いたあと、冷たい雨で気温が一気に下がった日。魚の反応悪いだろうな〜と思ってましたが案の定、入渓してから2時間ぐらいなんの反応もなし。

水たまりを覗くとあちこちにイモリ。

190609-2.jpg


日が昇ってきてようやくポツポツ反応が出てきました。

190609-3.jpg


高低差も結構あって登るには楽しい沢なんですけどね。

190609-4.jpg


結局キープできたのは2匹だけ。

190609-5.jpg

早く梅雨にならないかなあ。


今回のログ。
自分の記録用なので公開は期間限定にするつもりです。
https://yamap.com/activities/3793993

熊本も相変わらずですね。(- -;

他がダメダメなので、僅かな望みに賭けてというか、まあシーズン中一度は行って様子を確認しておきたいということもあって、遠路熊本まで行ってきました。

宇土半島のハマグリのポイント。

雨上がりで対岸の雲仙(普賢岳)がくっきり見えますね。

190529-1.jpg

入漁料徴収のおじさんに聞いてもハマグリはあんまり採れてない様子。しかもそのおじさんが最初案内してくれたポイントはやっぱりほとんど出てこず、その後別のポイントに移動してウロウロ探し回った結果、なんとか飽きない程度に出てくるエリアをみつけました。この広い干潟の中でわずか3、40坪ぐらいの範囲ですね。といっても実は過去にそこで掘ってるからわかるんですけど。

しかしホントに同じ場所に固まるものですね。
なにが他と違うのか未だにさっぱりわかりません。


まあまあ頑張って掘りましたけど2kgがやっと。

190529-2.jpg

大きさもほぼ全部3cmクラスで、4cm超えは数個という状況。
やっぱ厳しいなあ。

ここのはツヤツヤしてて綺麗なんですけどね。

カイカキなんか作るちょっと前ですが、ボロボロ採れてた時期が2、3シーズンかな? あって、まあその時に初めてハマグリをまともに掘って味をしめたんですよ。有明海ってスゲーって。それまで他にハマグリ採れるとこ知らなかったし。ですがその後さっぱり採れなくなって、だけどまた何年かすれば採れるようになるでしょ、と待ち続けてすでに10年経ってしまいました。

というかボクらはまだ遊びだし、採れなくても他に行くだけですけど、漁師の方々は大変だろうな〜と。
もちろん何かしら対策してるんだろうけど、それでもどうしようもないってことなんですかね?

また来年も様子見かなあ。