台北旅行(その3)

  • Day:2014.01.16 05:26
  • Cat:Travel
九份へのツアーは最後、士林夜市で降ろされて解散。

しばらくヘンテコなTシャツを探したり買い物で時間をつぶし、
ちょっとお腹を空かせてから地下の公設市場みたいなとこに入る。
適当な店に入って、魯肉飯(ルーローファン)と蟹の唐揚げ。

_MG_5026.jpg


さらにフラフラ歩いてると胡椒餅(フージャオビン)を
見つけたのでこれも食べてみる。
饒河夜市の方で有名なお店がこっちにも出張してるみたいだった。

胡椒の効いた餡の(焼き)豚饅。
熱々。

_MG_5029.jpg



3日目はちょっと遅めの9時ぐらいに出て、
どこか屋台で朝食を、と思ったのだが、
土曜日で全然お店が出てない。

しょうがなく市政府駅の誠品書店まで出てきたものの、
やはり地下のフードコートもまだ開いておらず、
1Fのagnès bのカフェでサンドイッチの朝食。

誠品書店は台湾の大きな本屋なのだが、雑貨類も充実していて、
しばらくお土産を物色してから、ようやく開いたフードコートで休憩。
タピオカミルクティーとジンジャーティー。

さらに電車で移動して「東區粉圓(トンチューフンユェン)」へ。
ぜんざい系スイーツでは老舗の超有名店。
前回の旅行ではルートに入れられず、ようやくのリベンジ。

小豆のぜんざいに、基本のブラックタピオカとタロイモ、
透明な蒟蒻ゼリーの組み合わせ。

_MG_5033.jpg

他の種類も食べたかったが、あとのことを考えて我慢。


次に東門まで移動して永康街でお土産探し。
ちょっと小腹が空いたところで1日目に寄った
「芒果皇帝(マングォファンディ)」でマンゴーかき氷。

_MG_5038.jpg


いったんホテルへ戻って荷物を置いてから、
ちょっと早めの夕食は「梁記嘉義鶏肉飯(リャンジージャーイージーロウファン)」へ。
魯肉飯、鶏肉飯と適当に2品。500円ぐらい。

_MG_5039.jpg


その後また街をフラフラ散策しながら寧夏夜市方面へ。
ひと通り見て回ったあと蚵仔煎と蝦仁煎のお店に。
日本語訳だと牡蠣のオムレツと海老のオムレツと書いてあるのだが、
玉子よりも粉ものの方が多くて、むしろお好み焼きの方が近いと思う。
両方頼んだが牡蠣も生臭くなくてなかなか美味い。
写真は海老のほう。

_MG_5043.jpg


さらに夜食用に愛玉檸檬とシフォンケーキと、
セブンイレブンに売っていた台湾おにぎりを買いこんでホテルへ。
そこからまた近くのスーパーにお土産の雑貨を探しに行くのだった。


そうそう、散々歩き回ったので、2日目と3日目は
夜にマッサージに寄ってからホテルに帰ったのだが、
「夏威夷養生行館」は前回の旅行から3回行ってるけど、
他のお店とは違ってハズレたことがなくてオススメ。
(名前は怪しいけど。)

しかしまあアホみたいに食べまくったな。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)