カイカキの「ハマグリ専用モデル」作ります。

カイカキの特別バージョン「ハマグリ専用モデル」ですが、アサリと比べてかなり砂の硬いポイントを掘る必要から、2mm厚のフラットバー(同じSUS304なのだが多分ホット材らしい)をグラインダーで片刃に加工して作ります。通常モデルは1.5mm厚のステンレス板で、かつ素材自体(コールド材)若干柔らかいので、ハマグリ専門にやるには(まあやれなくはないけど)正直強度不足なので。幅も22cmにして、より深く掘りやすいように。

最初ヤスリだけで手作業してみたけど、1本研ぎ出すのに半日近くかかった…。

ので安いグラインダーを入手して、ただし自宅のマンションじゃさすがにグラインダーを使った作業はできないので、山の中の実家に機械持ち込んで作業してきました。


昼過ぎに始めて、日が傾きかけた頃までに5本なんとか完了。
最初ちょっと難しかったけど、慣れたら1本30分足らずでなんとかできるようになった。
もっとスムーズにやればたぶん焼き色も入らないでできるんじゃ?

_MG_5585.jpg

とはいえねえ、あんまり沢山は作れないので、やっぱり希望者がいたときだけ作るようにしよう。


全国でとりあえず他に2人ほどハマグリ狙ってる人を見つけたので、モニター用に送って使ってもらうことにしました。たぶんもうちょっと長めにしたほうが良いような気もしてるしな。どうだろ。

んで1本は自分用に。
伊万里湾にはあと何回かポイント開拓もかねて行きましょうかね。

_MG_5588.jpg

Comment

はじめまして
東京で潮干狩りしてるかねこといいます。潮干狩り好きがこうじて、アサリやハマグリ掘る新兵器を探していたところこちらの記事に辿りつき興奮してます。
表面を削り取るだけで砂や泥の真下にいる比較的大物を狙うのに実に良さそうですね!
販売などしているのでしょうか?
  • 2017/06/24 10:52
  • かねこ
  • URL
  • Edit
かねこさま
コメントありがとうございます。
2年前から一般の方にも販売するようになりました。
詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.kaikakishop.com

ハマグリ専用モデルは今シーズンはもう完売してしまいましたが、
通常モデルはまだ在庫あります。
  • 2017/06/24 12:55
  • Dii/崎山徹
  • URL
返信ありがとうございます
ありがとうございます!
販売されてるのですね!さっそく購入させていただきます!

ちなみに普通のカイカキとハマグリ専用の違いはやはり強度でしょうか?
私が採ってる場所はわりとやわらかめの泥混じりのぬかるんだ砂地ですが、強度的に行けそうなら、ハマグリ狙いではありますがまず標準のカイカキを購入させていただこうかとおもいます。ハマグリがある場所の探知が出来たら掘り起こしは手で全然できる程度の固さの地面なので、、
アサリにも使えますし。

もちろんその際はショップのフォームから申し込みさせていただきます。

あともう一つ、普通の大人が使うなら標準の26センチ?サイズで問題ないでしょうか?
20センチの方がつかれにくいとは思うのですが、やはり広範囲探れるなら標準26センチがいいのかと悩んでおります。

お忙しいのに度々すみません。開発史も大変楽しく読ませていただきました。もっと早くみつけるべきだったと後悔してます!
  • 2017/06/25 00:21
  • かねこ
  • URL
  • Edit
かねこさま
仰るように基本的には強度の違いで、通常モデルで代用できるかどうかは正直言って実際にその場所を掘ってみないとなんとも、です。

柔らかくてもぬかるみだと刃の引き方次第で結構砂が重かったりしますし、勢いよくガシガシ掘るのとゆっくり掘るのでも違います。まあ刃が曲がっても度々手で戻しながら使えば問題はありませんので、そのへん特に不便に感じないのであれば通常モデルをお使いください。

26cmと20cmもこの場合、体力的な問題というよりは変形の大きさに違いが出ます。もちろん20cmの方が刃にかかる負担は小さく、26cmより強度不足を感じにくくなります。変形を気にしながら26cmを慎重に使うよりは20cmでサクサク掘る方が効率が良かったりするわけですね。というわけで実際の場所を知らない状況では「20cmにしておく方が無難かなあ・・・」というぐらいにしか言えません。すみません。

よろしくお願いします。
  • 2017/06/25 01:34
  • Dii/崎山徹
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)