奥岳川まで行ってきました。

4月になったのでまずは竹田まで行って遊漁券の年券を買います。
5400円也。今年の腕章はピンク。

160429-1.jpg


昨年から通ってるのが大分県の大野川水系。今までは本流の大谷川をメインに熊本の高森や宮崎の五ケ所あたりを探索してきましたが、今年はもっと別の支流を探っていこうということで、手始めに奥岳川です。大谷川が祖母山をぐるっと回って南西側斜面に上っていくのとちょうど反対側、北東側を真っ直ぐ頂上目指して上っていくので、地形図を見るとものすごく傾斜が急な流れです。

初めてなのでとりあえずアクセスルートを確認する意味で車で行けるとこまで登る。そして一番上の祖母山登山口の近くから入渓。川上渓谷という名前がついていて、登山道というか観察遊歩道(?)というのがしばらく川に沿って整備されてるようです。

ここ何回かの雨でいい感じの水量ですね。

160429-2.jpg


全体的にナメといわれる岩盤の露出した沢で、車から見てた感じはものすごく遡行に苦労しそうな印象でしたが、比較的川幅も広くてあまり周囲が切り立ってないので、基本的には沢づたいをてくてく歩いて登れる感じ。

160429-7.jpg


けど前半は全く魚の反応なく。
廃棄物処理場(?)を過ぎて道路がなくなったあたりからポツポツと魚の反応あり。

160429-4.jpg

紅点の綺麗なアマゴです。
全体的に茶色いのは岩盤の色に合わせてるのでしょうか。

イモリ見っけ。

160429-3.jpg


あんまり時間もないので遊歩道の橋のところで脱渓。
まだずっと上まで行けそうですけどね。

なんとか5匹キャッチしましたがみんな小さい。
けど5匹ともアマゴです。なんか嬉しい。

160429-5.jpg

元々がアマゴの生息地だということで、たぶん漁協がちゃんとアマゴだけを選んで放流してるんでしょうね。大谷川の場合はダムもあるし、以前放流したヤマメとかイワナが定着してしまっていて、3種が混在してるのではないかと。


新緑と藤の薄紫が綺麗な季節です。

160429-6.jpg

そういえば獣の気配はあんまりなかったなあ。
集落から比較的近いからかな?

しかし大谷川より30分余計にかかるのは結構きつい。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)