漁師のみなさんと掘ってみました(3)

今回は掘ってませんが、続報。

12月に入ってさすがにボクらの感覚ではとても潮干狩りをする季節ではないですが、この日は海も穏やかで掘りやすそうです。

161205-1.jpg

季節的にはスズキも楽しいポイントなんですよねここ。
漁に同行して底の地形もだいぶ把握できたし、久々に立ち込んでみようかな。



先日から試作と試し掘りを繰り返して、刃の幅は最終的に12.5cmになりました。

161205-2.jpg

長さもたぶんこんなものでしょう。この先水温が下がっていくとハマグリが深く潜るようになるらしく、それを見越して若干長めに設定してあります。いまのところ4人ほど使ってみようという方がいて、これからシーズン通して使ってもらって、そのフィードバックからさらに変更が必要かもしれませんが、とりあえずこれで暫定。


と、いいたいところだったのですがひとつ問題が発生。

ちょっと強度や耐久性がどうかなあ、と思ってましたが案の定折れました。

161205-3.jpg

まあハマグリ掘るポイントは当初想定していたアサリのポイントよりもかなり砂が硬いし、しかも漁業用途で1日10kg以上掘る、で年間4、50日使うとなれば、そりゃ所詮レジャーの潮干狩りとは根本的に違いますね。写真のは試作品で、折れた断面をよく見ると気泡で若干断面欠損があるので、それも原因のひとつではあるのですが、気泡のない暫定版でも1本折れてますから、たまたまというわけでもないでしょう。

ですので今準備中の2017年モデルでは通常の潮干狩り用も含めてグリップを変更することにしました。ちょうど今までの分割式を一体に作れないかリクエストしていたところでもあったので、ついでに補強も。


間に合わなかったりしないよね...?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)