イワナの好みがちょっとわかってきました。

今回はいつもの大谷川。

梅雨前線に加えて台風絡みの天気で今ひとつ雨量が読めなかったのですが、まあとりあえずなんとかなるやろと現地へ行ってみると、最初入ろうと思ってたあたりは泥濁り。
たぶん夜半から未明にかけて2、30mm一気に降ったんでしょうね。

190703-1.jpg

というわけで午前中は今まで入ったことのなかった上流部の探索へ。
上流のほうが増水の影響が少ないのと、その範囲は登山道(というか釣り道)が沢沿いについていて、急な荒天でもエスケープ可能でリスクが少なかろうと判断。

祖母山への登山口に車をとめて、いつもは脱渓ルートに使ってる黒岳・親父山への登山道を使って沢に降ります。
まあこの程度の水なら登って行けそうですね。

190703-2.jpg


ただ雨だというのに魚の反応は渋い。
いるのはいるけどルアーを見に来るだけでなかなか口を使わない。
砂防ダム(というか流木止め?)までは結局キャッチ無し。

このダムまでは以前登ってきたことがありますが、ここから先は未知の領域。

190703-3.jpg


ダムの上に来ました。
増水してるので良さげなポイントに見えますが、普段はもっと細い流れしかないんでしょうね。

190703-4.jpg


けどようやく綺麗なイワナが食ってくれました。
ギリギリ20cmあるかな。

190703-5.jpg

魚の反応が良くなってきたので、なんとなくパターンらしきものも見えてくる。
よりスローな引きかたで、しかも小刻みな動きよりもユルユル動くミノーに反応が良いみたい。

渓相も落差が出てきて岩も大きくなってきて登るのが楽しくなってくる。
ただ大きなプールがあんまりないのでスローな釣りかたはちょっとやりにくい。

190703-6.jpg


まあ飽きない程度に釣れてくれるようになりました。
これは27cmぐらい。

190703-7.jpg


なんだかんだ4時間ぐらい登ったところで、北岸に尾根を越えて登山道に出そうな道を見つけたので今回はここで終了。
しかし海でも山でも釣り人はこんな奥地によく道をつけますね。
個人的には新規開拓ですが、別に前人未到でもなんでもなくて、先人たちの蓄積を追認してるだけです。

この先もまだまだ良さそうですけど。
また増水したときに来てみましょう。

190703-8.jpg


なんとか食べ頃サイズを5匹キープ。

190703-9.jpg



車に戻って昼食のあと、最初の地点に改めて入渓。
早速今度はヤマメ(アマゴ?)が食ってきました。

190703-10.jpg


日も照って水もだいぶ落ち着いてきてますね。
午前中は降っても2、3mm/h程度でしたから、半日ぐらいで濁りもとれてくるようです。

190703-11.jpg


2時間ぐらい登ってヤマメ×2、イワナ×3キープ。

190703-12.jpg

イワナは相変わらず小刻みなアクションのミノーには反応悪かったです。
ホントに活性の高いときはそんなことなかったように思うんですけど。
そのかわりヤマメはこの雨で活性上がった感じですね。
小さいのがピョンピョン飛びついてくる。


今回のログ。
https://yamap.com/activities/3979848
https://yamap.com/activities/3980583

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)